株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

コロナ禍のフレイルにご注意を! ~フレイルとは~

まだまだ寒暖差はありますが、暖かな陽気に包まれる日が増えてきました。

至る所で小さな春を感じる今日この頃です。

外出自粛により自宅で過ごす時間が増えたこの一年、“家族や友人と会って話す機会が

減った”方は多いことと思います。その他にも、“体を動かす回数が減った”、

“食欲が落ちたり、一食抜くようにようになった”という方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。特に高齢の方では、こういった状態から「フレイル」に繋がる恐れが

あります。

 

「フレイル」とは、加齢に伴って、心身の働きや社会的繋がりが弱くなった状態です。

そのままにしておくと、介護が必要となる可能性があります。一方で、適切な治療や

予防で健康な状態に戻すことができるとされています。

 

フレイルは様々な問題を含んでおり、大きく分けて以下の3つの要素から成っています。

・身体的フレイル:筋肉の質や量などが低下する。

・精神的心理的フレイル:認知機能が低下したり、うつ状態になったりする。

・社会的フレイル:人との繋がりが減って閉じこもる。

 

 

 

 

 

 

 

 

身体的フレイルの一部に、筋肉量の減少や筋力の低下が起こる「サルコペニア」が

あります。サルコペニアは以下のようなサイクルで進行します。栄養が不足する

「低栄養」によって更に進行し、次第にフレイルに近づくという悪循環に陥ります。

 

 

ここで、フレイルの可能性をチェックしてみましょう。

当てはまる項目の数がフレイルかどうかの目安になります。

                                                            (改訂日本版CHS基準2020)

 

3項目以上に該当:フレイルに該当:フレイル

1~2項目に該当:プレフレイル(フレイルの前段階)

 

※このチェック表は目安です。これだけで診断がなされるわけではありません。

気になることがある場合は、医療機関を受診してください。

 

フレイルの重症化を防ぐためには、早めに気付いて、適切な予防・改善を行う

ことがとても重要です。次回はフレイルの予防に関して書かせていただきます。

 

静岡中央支店 I

 

参考:国立長寿医療研究センター“フレイル予防医学研究室HP”

https://www.ncgg.go.jp/cgss/department/frail/frail.html.

長寿科学振興財団.”フレイル(虚弱)”健康長寿ネット.

https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/frailty/index.html

厚生労働省.”新型コロナウイルス感染症への対応について(高齢者の皆様へ)”.

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/

kaigo_koureisha/yobou/index_00013.html

厚生労働省.”地域がいきいき 集まろう!通いの場”.https://kayoinoba.mhlw.go.jp/.

NHK.”高齢者・フレイルの方へ 新型コロナウイルスの重症化リスクと注意点”

NHK健康ch, https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_1198.html

川口美喜子 老後と介護を劇的に変える食事術 晶文社 2018

日本放送協会 NHKきょうの健康6月号 No.387 NHK出版 2020.