株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

節分と日本のオニ

今日は節分です。

豆まき、福豆、恵方巻。

鬼を追い出して福を迎える行事です。

 

現在では「節分」といえば2月3日、立春の前日を指しますが、本来は季節の分かれ目はすべて「節分」―立夏、立秋、立冬の前日はみな節分です。

なぜ2月3日だけ残ったかというと、旧暦ではこの日が新しい年を前にした特別な日とされたからです。

 

節分行事のルーツは、奈良時代に中国から伝わった宮中行事「鬼やらい(追儺)の儀式」です。

陰陽師が祭文を読み上げ、方相氏(ほうそうし)という役人が四つ目の恐ろしい面をつけて疫鬼を追い払う役を演じました。盾を持ち矛を打ち鳴らして大きな声を上げました。

今も京都の平安神宮では平安時代の様式を再現してこの儀式が行われているそうです。

現在のように炒った大豆をまくようになったのは室町時代のことで、庶民に伝わったのは江戸時代といわれています。

 

〇節分の習わし

 

福豆」・・・節分の当日は日が暮れるまでの間に豆を炒り、夜になると豆まきに用い、その後「年とり豆」として自分の年と同じ、またはそれにひとつ加えた数だけ食べるおなじみの習わしです。一年の無病息災を祈るしきたりです。

 

 

 

福茶」・・・お年寄りのように自分の年齢ほどたくさんの豆を食べられない場合に、年の数の豆に熱いお茶を注いで飲みます。

食べるのと同じご利益があるといいますので、いつもと違う節分を味わいたい方はやってみてください。

 

恵方巻」・・・恵方(その年のおめでたいとされる方角)を向き、切っていない太巻き寿司を無言で丸かぶりします。

巻き寿司=福を巻きこむ

切らない=縁を切らない

寿司の具=七福神にちなんで七種類

という意味があります。起源は比較的新しく、愛知県とも大阪府ともいわれます。


やいかがし」・・・「焼き嗅がし」という意味で、焼いた鰯の頭を柊の枝にさしたものを、門や家の軒下につるして、魔除けのおまじないにします。

柊のトゲが鬼の目を刺し、鰯のにおいで鬼が入らないとされています。

『鰯の頭も信心から』(つまらないものでも、信心するとありがたく思えてくる)ということわざは、この風習から生まれました。

節分の日の夕食に焼いた鰯を食べるという慣習もあります。

 

〇「鬼」のイメージ

節分は「鬼は外、福は内」と唱えながら豆をまき鬼とともに疫を追い出すわけですが、みなさんの「鬼」のイメージはどんなものでしょうか。小さいころ読んだ昔話に出てくる鬼や、お寺で見かける邪鬼の像みたいなイメージでしょうか。

人々が昔から持っていた「鬼」のイメージは、牛の角と虎の牙を持ち、人を食べてしまう恐ろしい怪物です。

陰陽五行説の考え方から丑寅(北東)の鬼門(凶の方角)にいるとされていました。

ところが地域によっては鬼が福運をもたらす存在と考えられていて、ちょっと変わった節分を行う地域もあります。

それでは「オニ」の正体や語源を探りつつ、日本各地の一風変わった節分行事とオニの関係を見てみることにしましょう。

 

〇「オニ」の正体

①「鬼」ということばが初めて登場するのは3世紀の中国の書物『魏志倭人伝』で、邪馬台国の女王・卑弥呼について「鬼道によって人をまどわし国をおさめて」と紹介されています。ここでは「鬼」は「呪術的な行為を表したもの」と考えられます。

②『日本書紀』の欽明5年(544)の項には、「粛慎人(みしはせのひと)」という民族の説明の中で「鬼魅(おに)」「魅鬼(おに)」が登場します。ここでは「ただの人ではない、自分たちにとって外敵になる人」を指しているようです。

③同じく『日本書紀』の斉明天皇の葬儀の際の記述では、朝倉山の上に「鬼有て、大笠を着て、喪の儀を臨み視る」とあり、これは朝倉山の神様のことではないかといわれています。

④仏教が伝来してからは仏教のオニ(四天王に踏まれている邪鬼や地獄にいる獄卒たち)も加わりました。

 

ひとことで「鬼」といっても、いろいろな捉え方があり、時代を経て変遷してきたことがわかります。

〇「オニ」の語源

平安中期に確立した日本初の百科事典『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』によると、「鬼の和名は『於爾(おに)』。ある説には、オニは物に隠れて形があらわれることを欲しないので俗に『隠(おん)』といい、それから『鬼(おに)』というようになった」ということです。

祭礼に登場するオニたちは、笠などで顔を隠したり異形の表現を取った仮面をつけていることが多く、まさにふだんは隠れていて節目の時にしか姿を見せない存在だと感じます。

また、「こわい、悪いオニ」が定着したのは平安時代以降の仏教説話の影響が大きいようです。人に悪さをして退治されるオニは「悪いことは仏教の力で解決できる」と伝えるための存在として描かれているようです。

 

〇日本各地の珍しい節分とオニ

 

青森県:岩木山に住むオニ(オオヒト)が村人のために用水路を作ったという「オオヒト伝説」があります。この周辺には鬼沢(地名)や鬼神社などオニに関わるモノが残っていて、オニは良い、やさしい存在として捉えられています。鬼神社のオニという文字には点がつかない(左図)のは「角がない」良いオニということを表しています。

鬼沢のみなさんは節分に豆をまかないそうです。

 

 

群馬県:群馬県藤岡市鬼石(おにし)では2月に「鬼恋節分祭」というイベントが開催されます。これは、地名にちなんで、節分で全国で追い出されたオニを迎え入れようと「オニは内、福も内」と言って豆まきをするという、オニにやさしいお祭りです。

 

 

 

 

神奈川県:平安時代の宮中で行われた鬼払いの儀式を「追儺式(ついなしき)」といい節分行事のルーツとなったことは前述しましたが、箱根神社の節分祭追儺式は芦ノ湖で行われます。追儺式で追われた赤オニ、青オニが湖に逃げ、水上スキーを行い、人々は船の上からも豆をまきオニを払います。最後には神主(役)まで湖に水上スキーで入り、湖を清めます。

(日本の水上スキーの始まりは昭和24年といわれています)

 

 

 

石川県:石川県輪島市や能登町に伝わる「アマメハギ」はオニの仮面をつけた来訪神です。アマメとは、囲炉裏の側に長い間座っているとできる火ダコのことで、長く座る=ダラダラする=なまけ者ということで、このアマメをはぎ、なまけ者に「早くはたらけ!!」とうながしにやってくるオニなのです。アマメハギは子どもたちが演じるもので、能登では節分に行われます。

 

 

(参考文献:新谷尚紀監修『12ヵ月のしきたり』/ 山崎敬子著『にっぽんオニ図鑑』)

 

同じ節分の行事でも各地それぞれ歴史や言い伝えを反映した違った形で行われていることは面白いですね。

また想像上の存在でありながら、現代でも私たちの生活に深く入り込んでいる「オニ」(恐いもののたとえに使ったり、若者言葉の“とても”として使われたり・・・)は、昔も今も変わらない人間の心を象徴しているようで興味深いです。

 

ワークステーション静岡 T