株式会社ミック

STORE BLOG
2019/12の東海エリアのブログ

感謝

クリスマスムード全開です。

ありとあらゆるお店が賑わっていますが、この時期は調剤薬局も忙しいです。

マスクはもちろん、こまめに手洗いとうがい、除菌スプレーをして、体調管理には十分気をつけています。

 

24日はパン屋さんが作ったこだわりのクリスマスケーキとシュトーレンを購入しました。

 

 

岐阜県土岐市曽木町にある「パンの店カッタン

シェフは休む間もなく新しい商品を作り続けています。本当に働き者で感心しています。

 

 

食べることは一瞬ですが、作ることはとても時間がかかります。

おいしいものを食べると、作り手の努力や想いが伝わってきます。

私達がおいしい時間を過ごせるのは、そのぶん働いている人がいるからだと、毎回感謝しながら頂きます。

 

  

薬事管理部A

 

楽になる体の使い方

今年も残すところあと1週間になりました。

年末は大掃除や買い出しなど体を動かす機会も多いと思いますが、少しでも楽に仕事ができれば嬉しいですよね。

今回は体本来の構造に即した「疲れない動き方」について、窓拭きや買い物など具体的な場面でご紹介していきたいと思います。

 

○“よい姿勢”とは

一般的な“よい姿勢”というと、背すじをピンと伸ばす「気をつけ」のような形を思い浮かべる人が多いと思います。

図のように後頭部・背中・お尻・かかとの4点を壁につける姿勢は一見よい姿勢に見えますが、実は本来の体の構造に反した「しんどい(つらい)」姿勢なのです。

本来の体の構造は図の左のように、

①背骨は背中側でなく真ん中にあります

②本来、お尻は背中より後ろに出ています

③座骨はお尻ではなく、股の間にあります

④かかとの骨はお尻より前にあります

つまり図の右の姿勢は、全体的に後ろに重心が集まっているため、背面の筋肉に負担がかかっているといえます。

筋肉の力に頼らず、骨でバランスをとると力が抜け楽に立つことができるのです。

 

○“疲れない姿勢”をイメージでつくる

目標は「筋肉のムダな力から体を解放して骨で立つ」ことです。

そのために何かをするのではなく、思い込みやイメージを改めて無駄な力(悪いくせ)をやめるようにします。

注意することは、体の力を無理に抜こうとしたり、よい姿勢をつくろうとしないことです。(意識した瞬間に、無意識に背中やお腹、下半身の筋肉に力が入ってしまうからです)

体の固定概念を捨て、新たに正しいイメージを植え付けることで、自然にリラックスした楽な姿勢に移行させていきます。

 

まずは基本の「疲れない座り方」「疲れない立ち方」「楽な立ち上がり方」を見ていきましょう。

 

〈疲れない座り方〉

ポイント1「背骨は背中側でなく真ん中にある!」

背中にボコボコがあるので背骨は背中にあると思いがちです。すると、背中を意識しすぎ、背面の筋肉が緊張してしまいます。背骨は思っているよりも体の中心にあるので「体を中心で支える」イメージを持ちましょう。

ポイント2「座骨はお尻ではなく股の間にある!」

座骨はお尻側にあるように思いがちですが、横から見ると実際の座骨は前に向かって湾曲しているので事実上股の間にあります。股の間の座骨を土台に、中心の背骨のラインをつくり、その上に頭をのせるイメージで座ります。

ポイント3「あごと首の距離を離す!」

よい姿勢というとあごを引いて首との距離が短くなりがちですが、背中が丸まりやすく、胸が閉じて呼吸も浅くなってしまいます。自然に前を見て座ることで肩の力が抜け、猫背や反り腰になりにくく、胸が開いて呼吸が楽になります。

 

〈疲れない立ち方〉

 

ポイント1「腕はぶら下がっているだけ!」

頭を座骨にのせることだけ意識していればよく、腕のことは考えなくてよいのです。腕は自然にニュートラルな位置に収まります。

 

 

 

 

 

ポイント2「ひざの皿はひざではない!」

ひざをイメージするとき、ついひざの皿がひざと考えがちですが、実は体を支えるのはお皿ではなく、その下のひざ関節です。図のように両手でつくった円くらい大きいので、固めなくても安定します。ひざは張らずにやわらかくしておきましょう。

 

 

 

 

 

ポイント3「しっかり立とうとしない!」

すでに体重が下にかかっているので踏みしめる必要はありません。全身が硬くなり逆に安定しません。頭・背骨・座骨ラインの終点「土踏まず」の上にふんわり立ちましょう。

ポイント4「呼吸は常に鼻でする!」

深呼吸は鼻から吸って口から吐くもの、肺は胸の前側だけにあると思いがちです。しかし口は呼吸のための器官ではなく、鼻呼吸が基本で、リラックスにもつながります。また、肺は肋骨いっぱいまであるので、背中側にも空気はまわります。

 

〈楽な立ち上がり方〉

1.立つのは足裏の延長線上であることを知りましょう

(頭を座骨にのせる基本姿勢からはじめます)

2.前に向かって立ちましょう

(上ではなく前に向かって立てば、足裏に素早く重心が移るので楽に立てます。折り曲げるのは腰ではなくビッグマウスです。)

 

☆体を折り曲げる部位「ビッグマウス」とは・・・

腕を伸ばした手の指を曲げたあたりのラインにあるお尻の筋肉で、“大きな口”のような付き方をしています。体を折り曲げるために適した形状をしています。

 

 

 

 

○日常を楽にする4つの基本

具体的な場面を挙げて体の使い方をご紹介していく前に、すべての基本となる「4つの基本」についておさえておきたいと思います。

あくまでイメージは「ふんわり、ゆったり。」です。

心が力むと体にも必ず力みが生まれるからです。

[基本1] 座骨は股の間

上半身の土台となる座骨は股の間、かつお尻側でなく前にあります

[基本2] お腹の真ん中に背骨

体を横から見ると、背骨は腹部のほぼ中心を通っていることがわかります

 

[基本3] 飲み込むところのすぐ後ろに首の骨

食道のすぐ後ろに首からつながる背骨のラインがあることを意識しましょう

[基本4] 頭をふんわりのせる

座骨・背骨・首の骨という積み木の上に頭をふんわりのせてソフトにバランスをとるイメージを持ちましょう

 

 

○年末に使える「疲れない体の使い方」

ここからはいよいよ具体例をご紹介してきたいと思います。

実際に試していただくとなるほど!と思っていただけるのではないでしょうか。

 

〈重い荷物を持ち上げる〉

ポイント「距離感をつかみ、ビッグマウスを折り曲げる!」

1.荷物との距離をつめます

(両脚の間に荷物がくるくらいまで。頭ふんわりの姿勢をとる。)

2.ビッグマウスを使ってお尻を後ろに出します

(腰は曲げず、ビッグマウスを使う。後は前に向かって立ち上がる。)

 

 

〈台所仕事をする〉

ポイント「頭ふんわりで、調理台の空間を確認!」

1.頭ふんわりの基本姿勢を整えます

 

2.空間・距離を確認し、必要な分だけあごを引きます

(少しあごを引くだけで下は見える。腰を曲げたり反ったりせず、作業台に正対する必要はなく、利き手側の足を引いて半身になる。)

 

 

〈窓を拭く〉

ポイント「腕のしくみを理解し、下半身の力を利用!」

1.腕の力の構造を理解します

左図 ①親指&大胸筋ライン ②小指&肩甲骨ライン

(内側に動かすときは②小指~肩甲骨、外側に動かすときは①親指~大胸筋側に力が働く)

2.足を使って体重移動を利用します

(図のように、内側に動かすときは小指側に力を入れ、力の方向に合わせて体重移動する)

 

〈床を拭く〉

ポイント「頭ふんわりで、体重移動を利用する!」

1.基本姿勢を整えます

(腰を曲げず、頭を座骨にふんわりのせる)

2.体重移動を利用します

(腰は丸めず、下半身の前後移動を利用して、腕の負担を軽くする。左右に拭くときは窓を拭くときと同様に体重移動を利用する)

 

〈重い買い物袋を持つ〉

ポイント「荷物は“胸”で吊り上げる!」

1.頭ふんわりの基本姿勢を整えます

(腕は胸骨を中心にふんわりぶらさがっているイメージ)

2胸骨で吊り上げるイメージを持ちます

(使うのは袋の持ち手を握る力だけで、腕の力は不要。重さは胸骨にかかるが、中心にある背骨の強い力で支えられる。)

 

 

○番外編:ぐっすり眠ってすっきり起きる体の使い方

〈楽に起き上がる〉

ポイント「頭から座骨までのラインをつくって起きる!」

1.頭から背骨・座骨のラインを整えます

(体が縮こまったままだと力みやすい)

2.腕を使って、スッと起きます

(体のラインをキープして、無駄な力みなく最小限の力で起き上がれる)

※ベッドの場合は足を下ろしながら起き上がると反動を利用できるのでさらに楽です

 

〈寝る姿勢が定まらない〉

ポイント「寝返りは一度体を伸ばす!」

1.4つの基本で力を抜きます

(頭はふんわり、胴体の縮こませをやめる。落ち着いたら寝る姿勢は自由。)

2.寝返りは一度胴体を伸ばすと楽です

(無駄な緊張が抜ける)

 

 

(参考文献:木野村朱美著『イラストでわかる疲れないカラダの使い方図鑑』)

 

ご紹介した動き方をいくつか試していただくと、スポーツ選手がイメージトレーニングを行うことの意味が分かる気がするのではないでしょうか。

人間本来の体のあり方をイメージするだけで、本来の健康で動ける体が再現されるのは不思議で面白いことだと思います。

 

さて本年も最後までおつきあいいただきありがとうございました。

来年も株式会社ミックと弊社店舗をよろしくおねがいいたします。

みなさん、よいお年をお迎えください。

 

ワークステーション静岡 T

OTCの棚、進化してます!

こんにちは。

スイショー薬局泊店 坊主店長です。

前回(2019年2月)書かせていただいてから、約10か月経ちました。

月日が流れるのは早いものです・・・。

さて、今回も「OTC」のお話です。

前回もお伝えしましたが「OTC」ってなに?と思う方もいらっしゃると思います。

簡単に説明しますと、

皆さん調子が悪いときは、お医者さんに行きます。

そして診察を受けてその帰り際に、自分の症状の治療をするためのお薬が書かれた、「処方箋」という、お薬のレシピをもらいます。それを薬局に持参してお薬をもらうわけですが、その処方箋に書かれた薬はほとんどが、処方箋なしでは手に入らない薬ばかりです。

そんな中、薬局・薬店で薬剤師の説明を受けて買えるお薬があります。

その薬を「OTC」といいます。

 

前回と同じ文章です・・・(汗)

 

さて、話は戻りますが、

まず、前回の「OTC」展開から、

導入当初は、どんなものをどれくらい仕入れて、並べたらいいのか分からない状態で展開しておりました。(写真は以前のブログ)

 

月日は流れ、現在は

このような状況になり、なんとなく賑やかになりました。

調剤の待ち時間中に、商品を選んで購入してくださったり、商品のみを購入するために来局してくださる方もいらっしゃいます。

商品を購入いただいた時、スタッフ一同頑張って商品を選んで良かったと嬉しい時間です。

まだまだ発展の余地がありますので、スタッフ一丸となって成長させていきたいです。

弊社では、社内にOTCの商品について管理指導をする部署があり、どのような商品を店頭に並べると患者様にお喜びいただけるか、適切な指示をしてくれます。患者様の健康の維持増進に役立つ商品を取りそろえておりますので、気になる商品がありましたらぜひ店舗の者にお尋ねください。

 

名古屋西支店

坊主店長

 

目の健康とアンチエイジング

年の瀬も近づきお仕事も大詰めを迎え、いつも以上に目を酷使してしまう方も多いことと思います。また年末年始はテレビやDVD鑑賞、ゲームなどに長時間熱中してしまうこともあるでしょう。

そこで今回は目の健康を考えるとともに、目の老化についても見ていきたいと思います。

 

〈目のしくみ〉

「水晶体」は近くのものを見るときは厚く、遠くのものを見るときには薄くなるレンズで、この水晶体の厚みを操作しているのが「毛様体筋」という筋肉です。

「見える」とは・・・カメラのレンズ(水晶体)を通してスクリーンの役目をする「網膜」に映し出された画像が「視神経」を通って脳に伝わり、映像を認知することです。

また「よく見える」とは・・・水晶体の柔軟性と毛様体筋の筋力が保たれ、水晶体の厚みを変化させピント調整ができている状態です。

 

 

○目には酸素と血流が大切です

・酸素が不足すると・・・目に傷がついたり感染症を起こしやすくなったりしますし、水晶体の弾力や毛様体筋の筋力が低下し、近視や老眼の原因となります。

・血流が滞ると・・・酸素が目に運ばれなくなってしまいます。

目のまわりの筋肉をほぐしスムーズな血流を促すことは視力回復の近道です。

 

〈目の老化と認知症〉

「老眼」とはレンズ機能の老化現象のことです。水晶体が硬化して毛様体の筋力が弱くなりピントが合いづらくなる状態です。

最近では20代でもかかる「スマホ老眼」という症状もあり、これはデジタル機器のモニターを近くで長時間見続けることによるストレス性障害です。

人に備わる五感の中でもっとも多くの情報を集めるのが視覚であり、目は脳の活性化に大きな役割を果たしています。そして視力の低下が認知症に深く関与していることがわかってきました。

 

○脳と視力の関係

 

 

 

眼球視力:目の網膜にものを映し、ピントを合わせる

脳内視力:視神経を通って情報を脳が映像化

 

 

 

上図のように「見る」とは目によって集められ映し出された光の像を、脳が蓄積データと照合しながら映像化することです。つまり目は、脳との連携なくして「見る」ことができないのです。

また目が顔の正面についているにもかかわらず「脳内視力」を担う場所は頭の一番後ろ側にあり、この長い道のりを一瞬でかけぬけながら、右目と左目の情報を合体させ、さらに多分野との接続や交換を行っているのです。

このことから視覚情報はいろいろな機能につながっていて、目を動かすと、感覚・記憶・感情など脳のさまざまな分野を刺激するということがわかります。

 

○脳を刺激する視覚トレーニング

見る力を鍛えて認知症を予防する視覚トレーニングをいくつかご紹介します。

・塗り絵やちぎり絵など、たくさんの色の中からひとつひとつ選び出し作品を完成させる

(洋服のコーディネートやメイクも効果あり)

・大勢の人と会い、一人でも多くの顔と名前を覚える

・新聞や本を読むときに上下逆、遠くから、斜めの角度からなど、いつもと違う見え方を工夫して読み取る

・自宅に季節の花を飾ったり、野草を見分けながら散策する

後半は目の健康に良い食べ物、生活習慣、生活環境について見ていきましょう。

 

〈目の健康と食べ物〉

○目にとってはドリップコーヒーよりインスタントコーヒー

→インスタントコーヒーは視神経や粘膜の健康をサポートするナイアシン(ビタミンB3)の含有量が多いためです。

○うどんより蕎麦を選びましょう

→蕎麦は毛細血管の弾力を高め強くする「ムチン」や角膜や網膜を守る「ビタミンB」が豊富です。

○食事による「酸化」「糖化」を減らすことを考えて食べ物を選びましょう

→「酸化」とは・・・体内に取り込んだ酸素の一部が活性酸素として細胞の老化を早めること。酸化を防ぐにはポリフェノールや乳酸菌などの抗酸化成分を積極的に摂取します。

→「糖化」とは・・・タンパク質と糖とが結びついて細胞を劣化させることで、肉の焦げや砂糖を煮詰めたカラメルなどが例として挙げられます。糖化の進行は白内障や加齢黄斑変性など目の病気や、動脈硬化のリスクを高めます。糖化を防ぐには糖化の少ない食品や組み合わせを選びます。

☆糖化しにくい食品選びの参考にGI値(グリセミック・インデックス)を用いましょう。

→GI値とは、食べ物が体内で糖に変わるスピードを表した指標です。ブドウ糖が糖に変わるスピードを100として各食品のスピードを相対的に表したもので、GI値の低中高で食品をおおまかに分類すると、以下のようになります。

「低」;野菜・きのこ類・海藻・卵

「中」;肉・魚介・豆類

「高」;穀類・酒・菓子

GI値の低い食品から食べましょう

前述のGI値の低い食品そのものを選ぶだけでなく、GI値の低い食品から食べることで血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

○お茶は「緑茶」、お酒は「ワイン

→温かいお茶を飲むこと自体、血流を促進しストレスを癒してくれますが、ビタミンも摂取でき目を健やかに保つ上でも効果的です。

→赤ワインには高い抗酸化作用をもつポリフェノールが含まれ、がん細胞の増殖を抑える力、動脈硬化の改善作用、目の血管を拡張させる効果も報告されています。

   

○“アイフーズ・ピラミッド”を参考に、バランスの良い腹六分目の食事を心がけましょう。

 

 

 

 

上図は「目を生き生きと輝かせる成分を持ちながら全身の酸化と糖化も防ぐ食べ物」をまとめた“アイフーズ・ピラミッド”です

 

〈目の健康と生活習慣〉

まず、目に良くない生活習慣についてまとめてみます。

①目の酷使(パソコン・スマホ・テレビ・ゲームなどの長時間操作/ 手元の作業への長時間集中/ 頻度の高い洗眼・点眼/ 合わない眼鏡・コンタクト)

②環境(紫外線の浴びすぎ/ 目的に合わない照明/ エアコンによる乾燥/ 過度なストレス)

③偏食・過食(脂肪や糖の過剰摂取/  野菜不足/ 食べ過ぎ・欠食/ 多量飲酒)

④運動不足

⑤喫煙

 

○水道水で目を洗うと目を傷めます

塩素が角膜や結膜の上皮細胞だけでなく目を保護しているムチンという粘膜層を洗い流してしまいます。

洗眼液でも毎日のように使うとムチン層を壊してドライアイを引き起こします。

目に備わっている有能な洗浄・保護液である「涙」を大切にしましょう。

 

 

 

 

○まばたきをしないと目の機能は損なわれます

まばたきはまぶしい光から網膜を守り、まぶたの内側で作られた涙を眼表面に行きわたらせる働きがあります。

テレビやスマホに夢中になってしまったときは意識的にまばたきの回数を増やしたり、ゆっくり強めにまぶたを閉じて5秒数えたりしましょう。

 

涙は眼球を覆う粘膜を潤して栄養を届けたり、異物やウィルスをブロックしたり、粘膜の細かい損傷の修復を助けたり、と重要な働きをしています。

 

 

 

○目がつらいとき温める?それとも冷やす?

●疲れ目・ドライアイ・初期老眼・かすみ目

⇒温めます

左図のようにホットタオルを作り、目のまわりをじんわり温めれば、毛細血管の血流が促されて目に酸素と栄養が補われます。

目に必要な油脂を分泌するマイボーム腺につまった油が溶かされ、涙の質が低下するドライアイの状態も解消できます。

 

●充血・日焼け・アレルギー性の腫れ・かゆみ(一時的な緩和)

⇒冷やします

血管や筋肉を収縮させ元に戻ろうとする自己調整機能を回復させます。効果は一時的なので、習慣的に冷やすことはおすすめしません。

 

〈目の健康と生活環境〉

○部屋の照明は使い分けがポイント

照明の暗さが視力を低下させるというデータはなく、目を酷使する生活環境が原因と考えられます。

昼間の自然光がもっとも見えやすく、自然の摂理に準じた環境が目にも良いのですが、現代の生活ではなかなか実践できません。

そこで照明を工夫して、細かい作業をするときは部屋全体を明るくしてちらつきの少ないデスクライトを手元に追加する、家族だんらんを楽しむときは間接照明に切り替えるなどしましょう。

○液晶を見下ろして星空を見上げましょう

画面を目より高い位置にするとまぶたを大きく開いた状態で見続けることになってしまい、この緊張状態が目に負担をかけてしまいます。画面は軽く見下ろす高さにし、画面からの距離も30~40cm離して作業しましょう。

また、目が疲れたら夜空をぼーっと見上げたり、昼間はうっすら見える月や遠くの木々を見るようにしましょう。

 

(参考文献:日比野佐和子著『1日1分、2週間眼トレ』)

 

 

目と脳が連携してはじめて「見る」ことができると知ると、「目がよくなれば全身が若返る」という意味がよくわかります。老眼は生活習慣や食生活を見直すことで食い止めることができるそうです。

目の健康を考えた生活を心がけて若々しさをキープしていきましょう。

 

ワークステーション静岡 T

 

“待ちわびる”楽しみ~ドイツのクリスマス

日本にクリスマスが定着してずい分たちますが、もともとの文化としてクリスマスを祝う人々のクリスマスの過ごし方はあまり知られていないのではないでしょうか。

今回はクリスマスマーケットで有名なドイツのクリスマスをご案内したいと思います。

本場のクリスマスを旅する気分でお楽しみください。

○クリスマスの期間

クリスマスはキリストの降誕を祝うお祭りですが、本当のところキリストが生まれた日は聖書には書かれていません。

12月25日をキリストの降誕の日と決めたのは4世紀のローマ帝国です。当時ローマ帝国では太陽神が信仰されており、冬至を過ぎて明るい時間が長くなっていく12月25日は太陽神の祭りの時期。それをキリスト教が取り込んでいったとされています。(日本にも、冬至を境に運も向いてくるという「一陽来復」という言葉があり、発想が近いかもしれません)

今ではヨーロッパの多くの国が12月25日・26日をクリスマスの祝日と定めていて、東方の三博士がキリストの元にたどり着いたといわれる1月6日をもってクリスマスの全期間は終了となります。

○アドヴェントとは?

クリスマスを心待ちにして準備する期間のことで、約4週間もあります。11月27日~12月3日の間にある日曜日を第1アドヴェントと呼び、その日から始まります。

アドヴェントの間、街ではクリスマスのデコレーショングッズが売られ、ツリー用のもみの木マーケットが立ち、家庭ではアドヴェントとクリスマスに食べる焼き菓子を大量に焼きはじめます。

クリスマスマーケットもだいたい11月25日頃からオープンします。ちょうどその頃は冬至に向けてどんどん日が短くなり、心が沈みがちなドイツの人々にとっては光あふれるクリスマスマーケットが心から楽しみな時間なのです。

 

○クリスマスマーケットとは?

ツリーやイルミネーションで彩られた場所に、クリスマスグッズやギフト、食品を売る屋台が並び、温かい食べ物や飲み物もその場で楽しむことのできるマーケットです。日本の縁日と物産展を合わせたようなにぎやかで地方色を感じられるお祭りのようなかんじです。

開催期間は11月25日頃~12月24日頃までが標準的で、12月25日にはほとんどのマーケットが終わってしまいます。

ヨーロッパの人々にとってのクリスマスは、日本でいえばお正月のような存在-家族で静かにゆっくり過ごすもので、それに備えるためのマーケットなのです。

  

マーケットはプレゼントを探す人や楽しいひとときを求めるファミリー、観光客でにぎわいます。日が暮れると会場の明かりが灯って美しくなりさらに人々が集まります。バーに行く代わりに屋台で温かいグリューヴァインを飲む人もいます。

 

○クリスマスマーケットの楽しみ方

クリッペ・・・人形などを用いてキリスト降誕シーンを表現したもののことで、クリスマスマーケットでは必ずどこかで見つかります。

ステージイベント・・・市民が主役のコーラス・ブラスバンド演奏・劇などが行われています。子どもたちによる讃美歌は感動するそうです。

アトラクション・・・ロマンティックなカルーセル(回転木馬)や観覧車、スケートリンクや本格的な絶叫マシンを設置しているところもあります。

屋台・・・会場の美しいデコレーションを眺めたり買い物をしたりぶらぶら歩いて身体が冷えてきたら温かい食べ物や飲み物で暖をとります。

屋台の種類

①クリスマスグッズ・ギフト商品・防寒用品・食品の屋台

クルミ割り人形やオーナメント、キャンドルなどの雑貨が勢ぞろい。長い歴史と郷土色をもったものが多く、ドイツの手工芸職人文化がうかがえます。

   

②その場で食べるフードの屋台

温かいもの(ソーセージなど)とクリスマス焼き菓子(レープクーヘンやシュトレンなど)があります。

最近日本でも売られている「シュトレン」は、ナッツ・ドライフルーツたっぷりの贅沢なクリスマス焼き菓子で、イースト入りの生地でケーキというよりはパンに近い食感です。

③その場で飲むドリンクの屋台

定番は温かい「グリューヴァイン」。

赤ワインにスパイスを入れて温めたものが伝統的ですが、さまざまな風味のものが増えています。

他に珍しいのは「アイアープンシュ」。

卵のリキュールにワインやバニラを加えた甘いホットドリンク。ホイップした生クリームを添えます。(アルコール度数は8~10%程度)

○カップは持ち帰れる!?

屋台で飲み物を注文すると、飲み物の料金以外に2~3ユーロのカップ保証金も一緒に払います。

カップは各マーケットのオリジナルで年によって変わることもあります。欲しければ持ち帰れますし、保証金分のお金できれいなものを買えます。

 

○クリスマスマーケットの歴史

中世から続くドイツの街には共通している構造があります。街の中心に広場があり、そこに面して教会や市庁舎が立ち、井戸(泉)があるというもの。

広場は中世の人々にとって生活の中心的存在でした。その広場にクリスマスマーケットの屋台が立つようになったのは14世紀からです。1310年にはミュンヘンで開かれたという記録が残っています。

屋台にはクリスマスを迎えるために必要なものが並び、ナッツや焼き菓子なども売られていました。

プレゼントを贈り合う習慣はなく、貧しい人々にクリスマスを祝えるように施しを与える程度でした。

 

○サンタクロースとクリストキント

ドイツではクリスマスにプレゼントを持ってくる人が2人います。

私たちになじみのあるサンタクロースのモデルは、12月6日に子どもたちにプレゼントを配る実在の司教だった聖ニコラウスです。

ところが1535年頃、宗教改革の創始者であるマルティン・ルターが聖ニコラウスの日を廃止し「クリスマスにキリストがプレゼントを持ってくる」と説きました。それ以来、ドイツのプロテスタントの家庭(ルターは従来のカトリックに対してプロテスタントを生み出しました)では、クリスマスに子どもの姿のキリスト、「クリストキント」がプレゼントをくれる風習になります。

 

 

 

←クリストキント

金色の巻き毛、白と金色の衣装の天使姿です。本来なら男の子のはずですが、女の子として描かれます

 

 

 

しかしオランダでは聖ニコラウスが残り、それがアメリカに渡り、1932年にアメリカのコカ・コーラ社が現在のようなサンタを広告に登場させ、世界中に広まりました。

それが再びドイツへ輸入され、その後ドイツのプロテスタントの家庭でも贈り物をくれるのはサンタになったのです。(カトリックの家庭ではクリストキントがまだ役割を担っています)

今でもニュルンベルクのクリスマスマーケットには、冠を頭に戴き金色の衣装をまとった天使姿のクリストキントが登場し、幼稚園や病院も訪問するそうです。

 

○クリスマスの過ごし方

12月24日:会社もお店もお昼過ぎには終わり、帰省ラッシュが始まります。

クリスマスツリーの飾りつけは必ず24日に行い、家族同士が交換するためのプレゼントをツリーの根元に置いておきます。

教会では1日に何回も礼拝が行われます。

夕食はソーセージにサラダ程度ですませ、夕食後はプレゼント交換をします。

 

 

 

 

12月25日:第1クリスマスの日。家族水いらずで穏やかに温かく過ごす日です。クリスマスディナーをいただきます。

25日・26日は街は1年のうちでいちばん静かな2日間です。

 

 

 

 

12月26日:第2クリスマスの日。日本のお正月の2日目、3日目とよく似ています。親戚同士で集まり、家に届いたクリスマスカードを読みます。お墓参りに行く人もいます。

夜からは再び都会へ戻る人々の帰省ラッシュ、27日からは平日に戻ります。

 

(参考文献:久保田由希著『きらめくドイツクリスマスマーケットの旅』)

 

ドイツのクリスマスはいかがでしたか。

日本に独特なお正月の過ごし方があるように、ドイツのクリスマスにも数百年にわたる人々の想いや願いのつまった素敵な過ごし方があるようです。

このように血の通った他国の文化を知ることは単純に楽しいですし、自分の国の文化にも目を向け大切にすることにもつながっていくのではないでしょうか。

 

ワークステーション静岡 T