株式会社ミック

STORE BLOG
2019/10の情報発信ブログのブログ

“体育の日”と東京オリンピック

10月の第2月曜日は「体育の日」。全国でスポーツのイベントが行われたりしますが、もともと何の日だったかご存知ですか?

1999年までは10月10日が体育の日だったのですが、これは1964年の東京オリンピックの開会式開催日を記念して制定されたものだそうです。

56年の月日を経て、来年再び東京オリンピックが開催されるわけですが、

今回は1964年に開催された東京オリンピックをクローズアップしたいと思います。

○「東京1964」はどんな大会だったのでしょうか?

第18回オリンピックは1964年10月10日から24日までの15日間、東京で行われました。

アジア初の大会であり、また国内外に初めてテレビ中継された大会でもありました。

当時の日本は、高度経済成長の時代であり、生活が豊かで便利になる一方、物価の上昇や公害、過疎過密などの問題があらわれてきた時代でした。

 

2020年大会の開催地プレゼンテーションの「お・も・て・な・し」という言葉が流行語大賞にもなりましたが、1964年大会のプレゼンテーションも拍手の嵐に包まれたといいます。

NHKの解説者・平澤和重さんが持ち時間45分のところを原稿を書き直して15分に短縮し、わかりやすくまとめたプレゼンを行ったそうです。そして、

『人間同士のつながりには直接会うことが一番です。

それこそが平和のいしずえではないでしょうか。

西欧で開いた花を東洋でも咲かせていただきたいです』

と結んだということです。

 

○3つのキーワードで見る1964東京大会

①「東洋の魔女」

当時の日本女子バレーボールチームのニックネームで、アメリカのテレビ放送がさかんに使い、世界に広まりました。

バレーボールはオリンピックにおける最初の女子団体競技で、東京大会から正式競技になりました。

柔道の受け身のように肩から落ち、前に回転しながら床面近くでボールを受け、くるりと立ち上がる新技「回転レシーブ」が守りを攻撃につなぎ、打たれても打たれてもボールをひろう強固な守備で、日本女子チームは見事金メダルを勝ち取りました。

ちなみに現在の日本代表チームのニックネームは「火の鳥NIPPON]-心に情熱の炎をもやしスピーディーなバレーボールで王座を奪還してほしい、という願いが込められているそうです。(ロゴやキャラクターは手塚治虫プロダクションが手がけています)

男子バレーボールチームは「龍神NIPPON」、新体操チームは「フェアリージャパン」、アーティスティック・スイミング(旧シンクロ)は「マーメイドジャパン」など、ニックネームを知っていると応援がもっと楽しくなるかもしれません。

 

②「10秒の壁」

男子陸上の100メートル走で「10秒の壁が破られるかどうか」注目された大会でした。アメリカのボブ・ヘイズ選手が10秒0の世界タイ記録・オリンピック新記録で金メダルをとりました。(壁が破られたのは次のメキシコ・シティ大会でした)

東京2020大会では、日本人選手がオリンピックの舞台で「10秒の壁」を破れるかどうかが注目されます。陸上種目でも日本人選手が世界の選手と戦えるようになってきたことは、この50年の時代の変化を大きく反映しているのかもしれません。

 

 

 

③「世界のJUDO」

柔道も1964東京大会から正式種目になったのですが、その道のりは大変だったようです。オリンピック種目となるには国際的な競技となることが必要だったからです。

1956年に東京で第一回世界選手権大会を開催したことで、柔道は急速に世界に広まり、強い外国人選手が増えてきました。日本の柔道家の指導のもと、1964東京大会で無差別級金メダリストとなったオランダのヘーシンク選手は、柔道を日本だけのものでなく世界のJUDOに発展させてくれたといえるでしょう。

 

 

 

 

○パラリンピック東京大会

オリンピック終了後の11月8日からはパラリンピック東京大会が行われました。

初めて「パラリンピック」という造語が使われたのも東京大会です。

11月13日からは第二部の国内大会として、それまでの車いす選手だけでなく、視覚や聴覚の障がい者にも開かれた大会が行われたことは特筆するべきことです。

 

○1964年のオリンピックレガシー

「オリンピックレガシー」とは、2020年大会の開催が決定してからよく耳にする言葉ですが、「オリンピック開催都市や開催国で引き継がれるもの(インフラや文化)」という意味です。

1964年東京大会のためにつくられ、今でも私たちが利用している施設やインフラはたくさんあります。

 

・国立屋内総合競技場(代々木競技場)

らせん状の形から「代々木のかたつむり」とよばれました。

右側の第一体育館では水泳競技、

左側の第二体育館ではバスケットボールの試合が行われました。

吊り屋根方式の建物の中には柱がなく、どこからでも競技を見ることができます。

 

・日本武道館

法隆寺の夢殿をモチーフに設計され、皇居の堀の内側にたてられました。

1966年にビートルズが来日公演を行って以来、コンサート会場としても使われています。

2020大会でも柔道競技で使われる予定です。

 

 

 

 

・駒沢オリンピック公園

五角形の屋根をした駒沢体育館ではレスリング、

右側の四角形の屋根の建物ではバレーボール、

左上の楕円形グラウンドではサッカー、ホッケーが行われました。

その手前の管制塔(オリンピック記念塔)は、テレビや電話・交通管制などを集中管理する機能をもたせました。

・交通網の整備

新幹線や首都高速、地下鉄、東京モノレールも大会直前の9月中旬から10月初旬に開通しました。

 

   

 

(参考文献:石出法太・石出みどり著『これならわかるオリンピックの歴史』
      日本オリンピックアカデミー監修『1964年はじめての東京オリンピック』)

 

1964年の東京オリンピックが当時の人々をどれだけ元気にしたか、どれだけ多くの変化をもたらしたか感じていただけたと思います。

2020年大会に向けて、各地でユニバーサルデザインの街づくり(バリアフリー、多言語対応、テレワーク、食文化を考慮したメニューなど)が進められています。

私たちの生活をより豊かにするオリンピック・レガシーをもたらしてくれる大会になるとよいですね。

(2020年から「体育の日」は「スポーツの日」に改められ、2020年のみオリンピック開会式当日の7月24日が「スポーツの日」になるということです)

 

ワークステーション静岡 T

 

 

 

 

食欲の秋~食べ過ぎ解消法

いよいよ食欲の秋、到来です。

旬の野菜や果物、お魚がスーパーの店頭をにぎわせます。

栗やサツマイモのスイーツなんかもおいしそうです。

秋の恵みを存分に味わいたいところですが、「食べ過ぎが気になる」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、原因別に食べ過ぎの解消法を探っていきたいと思います。

○「食べ過ぎ」とは?

食べ過ぎとは、その人が1日に消費する以上のカロリーを摂取することで、必要摂取カロリーは次のような式で求められます。

1日に必要な摂取カロリー= 標準体重 × 30キロカロリー

(標準体重とは、身長×身長(m)×22で求められます)

例:160cmの人の場合  1.6×1.6×22×30≒1700キロカロリー

カロリーオーバーの状態が続くと、消費されなかったカロリーが脂肪となって体内に蓄えられ、体型に変化が現れます。さらに内臓脂肪が増えると、いわゆるメタボリックシンドロームとなり、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病が心配な状態になってしまいます。

 

食べ過ぎてしまう原因には、A「食べ方」、B「ストレス」、C「環境や身体の変化」が挙げられます。

ここからはA~Cの具体例を見てゆきながらそれぞれに対する食べ過ぎ解消法をまとめてみます。

食べ過ぎを確実にやめるためには、

1・食べ過ぎの「きっかけ」に気づく

2・生活習慣の中で、自分に合う食べ過ぎ解決法を見つける

3・行動を少しだけ変える

が必要です。以下の例を参考にしていただけたらと思います。

 

○A「食べ方」が原因の例

例①おなかが空いていないのに、口寂しくて間食してしまう・・・

←口寂しさの波は5分で消えます。この波をのりきれば食べ過ぎをストップできます。

解決法

・家にいるなら玄関を開けて深呼吸、仕事場なら窓辺へ行って空を見上げたり、物を取りに少し歩くなど、少し動いて身体をリラックスさせます

・心がホッとする人とのおしゃべりをします

・ノンシュガーのガムをかみます

・ちょっと小腹を抑えるくらい(80キロカロリー程度)の間食を摂ります

具体的には

板チョコ5切れ(33g)

加糖ヨーグルト1個(90g)

80kcalアイス1個(110ml)

せんべい2枚

フルーツゼリー1個(95g)など

 

例②どうしても早食いしてしまい、気がつくとたくさん食べてしまう・・・

←よくかんで食事に20分以上かけ、満腹信号を逃さずにキャッチしましょう。

解決法

・“口に入れたものがペースト状になるまで”を目安にかみます

(満腹中枢を刺激し食べ過ぎを予防できます。またごはんの甘さや野菜の美味しさに気がつくことができます。)

・野菜には食物繊維が多く含まれており、よくかむ必要があるので早食いを防げます

・一口を少なめにしてかんでいる間は箸やフォークを置く習慣をつけましょう

(常に次の一口を口元でスタンバイさせているような食べ方はやめましょう)

例③おなかがいっぱいでも、食後にデザートを食べないと落ち着かない・・・

←まずは食事の満足度を上げましょう。ときにはがんばった自分へのご褒美としてデザートをいただきましょう。

解決法

・1日3回、食事で糖質の適正量を摂取しましょう

(極端な糖質制限ダイエットをすると、デザートなどの糖分を欲することがあります)

・大好きなものを断つことはストレスになるので、「半分食べ」をしましょう

・毎食から週1のご褒美デザートへ変えていきましょう

・ゆったりとアロマ効果の高いお茶やコーヒーを飲んで、食欲を抑えましょう

  

例④家族が食べ残した余り物をつい片づけ食いしてしまう・・・

←自分のおなかにしまうより、盛り付け・保存の工夫をしましょう

解決法

・作る量を控えめにし、余ってしまったら周囲へおすそわけしましょう

・ストック分はすぐに小分けして冷凍しましょう

・懐石風に少量ずつ盛り付け、食べきってからおかわりというルールにしましょう

・残った分は次の日にリメイクして食べましょう

例⑤スナック菓子などを開けたら最後、空になるまで食べてしまう・・・

←カロリーオーバーにならないよう上手に“かむ快感”と“満足感”を得ましょう

(パリパリ感を求めるのはリラックスしたいという心のサインです)

解決法

・小皿に少量だけ取り出して、残りは目の届かないところにしまいましょう

・買い置きはほどほどにし、買うなら小さいパックにしましょう

・生野菜やスルメ、シュガーレスのガムなどかみ応えのある物をえらんでかむ快感だけ味わいましょう

(脳を活発に機能させるので一石二鳥です)

・出汁のきいた汁物、インスタントのカップスープなどは、飲んだ後の満足感も高く、大量に摂取しにくくリラックス効果もあり、スナックの代わりとしておすすめです

 

○B「ストレス」が原因の例

例①嫌なことがあるとやけ食いしてしまう・・・

←深呼吸をして元気な自分をイメージし背筋をのばしましょう

解決法

・気分が穏やかになるものを見つけておきましょう

(家族の写真、心がホッとする音楽、休みのプランを考える、など)

・心がホッとする人と触れ合いましょう

・自分で自分を励ましましょう

例②残すことに罪悪感がある・・・

←食べ残すより、サイズアップで服を買いかえる方がもったいないと考えましょう

解決法

・自炊の場合、最初から作る量を抑え、多めに作ったときはすぐにその日食べる分とストック分に分け保存、盛り付けも少量にしておかわりをしましょう

・外食の場合、注文するときに「少なめにしてください」とお願いしたり同席者とシェアしたりしましょう

・出来合いの総菜を買ってくる場合、多めに買うのは厳禁、「今日中に食べきれる分量はどれくらいか」考えて買いましょう

例③疲れると甘いものを食べてしまう・・・

←甘いものを食べるならマイルールを決めて美味しくいただきましょう

解決法

・おやつの時間を決めておきましょう

・仕事のデスクでは食べず、おやつを食べる場所を決めて「そこまで行かないと食べられない」という状況を作ることで食べ過ぎを防ぎましょう

 

○C「環境や身体の変化」が原因の例

例①一人暮らしを始めたら太った・・・

←生活がガラリと変わったときこそ食習慣を一から見直すチャンスです

解決法

・ワンディッシュを避けて定食を選びましょう

・できる範囲で自炊しましょう

例②タバコをやめたら食欲が増進した・・・

←タバコは百害あって一利なし。メタボ防止のためにも禁煙しましょう。

解決法

・味覚・嗅覚が敏感になり食欲が増したら、満腹中枢が働く20分以上を目安に時間をかけて食事を楽しみましょう

・口寂しさを解消する低カロリー食品やガムを食べましょう

 

 

他にも、「舌先で味わう食べ方」、つまり味覚に集中することで食欲を鎮静させ、食べ過ぎや間食をなくす「食事瞑想」をすすめる専門家もいます。

これは、「満腹感」(胃が量で満たされ、お腹がいっぱいになったという感覚)よりも「満足感」(精神的に満たされ、お腹がいっぱいではないけれども「もういいや」と思える感覚)を目指すという考え方です。

 

(参考文献:岡嵜順子著『なぜあなたは食べ過ぎてしまうのか』・松尾伊津香著『一生太らない魔法の食欲鎮静術』)

 

人間の食欲は「おいしそうなものがあるから」「おなかがすいているから」という単純な身体の反応だけでなく、食行動や心理状態にも影響を受ける複雑なもののようです。

ともあれ、「満腹感」より「満足感」のある食生活で、おいしい秋を楽しんでいただけたらと思います。

 

ワークステーション静岡 T