株式会社ミック

STORE BLOG
2019/9の情報発信ブログのブログ

「秋バテ」解消!~疲れた体を立て直す

夏の間に蓄積した「疲れ」が原因で9月半ばから10月にかけて体調を崩す人が増えます。

だるい、食欲がない、疲れが取れない、何もする気にならない・・・。

これらの症状を「秋バテ」と呼んでいます。

夏バテの症状が秋になっても続くパターンと、夏は元気だったのに秋になって体調を崩すパターンがあるそうです。

実りの秋を元気に楽しめるように、秋バテ対策を見ていきましょう。

 

○秋バテの原因

・夏の間に猛暑の屋外と冷房の効いた室内とを行き来するうちに、体温調節機能を担う自律神経の働きが乱れ、エネルギーを消耗していることが考えられます。

・この時期、周期的に通過する低気圧の影響も考えられます。

気圧が下がると副交感神経が優位になって体を休ませようとするので、

体力がなく自律神経が乱れていると副交感神経が優位のまま切り替えができず、

やる気が出ない状態になってしまいます。

・夏の冷房で冷え切った体は血行が鈍り、消化機能が低下しています。

すると、体の隅々に栄養が届きません。

 

○こんな方は秋バテに注意!

□夏はずっと冷房の効いた部屋で過ごした

□夏はシャワーだけで、湯船につからなかった

□冷たい飲み物、かき氷、アイスクリームをよく口にした

□ビールのおつまみは、唐揚げやフライドポテトが定番

□よく寝たつもりの翌日も疲れが残っている

□お腹の調子が悪く、便秘もしくは下痢気味

 

また、夏場に冷房を嫌う高齢者の方は、日々の生活の中で体力を消耗し知らずにバテてしまうことがあります。

冷房を使用している方でも冷房疲れしやすい傾向があります。

環境変化への対応が難しく、元の状態に回復するまでに時間のかかる高齢者の秋バテにも注意が必要です。

 

○秋バテ対策

・自律神経を整え休養をとり、エネルギーを回復させることが重要です。

自律神経の乱れを整えるために以下のことが効果的です。

○38~39度のぬるめのお風呂にゆったりつかる

○日の出とともに起きるくらい早起きをする(自律神経の機能がリセットされます)

○30分程度の散歩を毎日続ける

○よくかんで食べる(自律神経を活性化します)

 

・胃腸を整えて消化吸収能力を高め、きちんと栄養を摂ります。

旬のものを中心としたパワー食材(根菜・いも類・米・雑穀など)は体を温めてうるおわせ、冬に向けてエネルギーを蓄える働きをします。

(おすすめ食材)

根菜・・・特にれんこん・大根は体の保水力を高めてくれます。

いも類・・・特に里いも・長いもは、疲れた体にパワーを補う作用があります。

果物・・・柿・梨・ぶどう・りんごなど。体をうるおし、ビタミンも摂れます。

トマト・・・注目すべきは「疲労感を和らげる作用」と、細胞にダメージを与える活性酸素を消し去る「抗酸化力の高さ」。

脂溶性なのでオリーブオイルなどを少々加えると吸収がよく、加熱しても効果は変わらないので、この季節には温かいスープとして飲むのも良いそうです。

 

・体を温める飲み物をこまめに飲むようにします。

(しょうがやシナモン、ゆずなどを加えると秋バテ解消に良いです)

 

・暖色系のインテリアをとり入れてみましょう。

色が持つ心理作用を利用し、気分が沈まないようにします。

クッションやラグなどをオレンジや黄色、ボルドーなどの暖かみのある色にするのがおすすめです。

(参考文献:『オレンジページ 2012年10月17日号』、『日経ヘルス 2014年11月号』、『プレジデントファミリー 2016年秋号』)

 

季節の変わり目は体調管理が難しいものです。

厳しい夏をのりきってほっとしたところに「秋バテ」はやってきます。

真夏のままの生活様式を引きずって体を冷やしすぎることが一番の原因なので、

まずはクーラーの設定温度や食べ物、洋服のチョイスなど身近なところから、上手に秋へシフトチェンジを行っていただきたいと思います。

 

ワークステーション静岡 T

 

こども調剤体験の開催

8月25日に、イエローグリーン薬局かいせい店にて

小学生を対象に第2回こども調剤体験を実施しました。

 

今年はもっと身近に薬局を感じてもらおうと実際の店舗内で行いました。

薬局薬剤師の仕事内容の紹介やこども用分包機ではなく普段使用している分包機で

散剤の分包体験をしたり、軟膏を量り取って2剤混合の軟膏を作ってもらったりしました。

 

その様子をご紹介したいと思います。

 

①薬局薬剤師のとある1日のお仕事紹介

真剣に聞いてくれました。

②まずはお手本!軟膏混合のデモンストレーション

ヘラの使い方を目で見て吸収しています。

③一包化のデモンストレーション

 量り取る量はどのくらいか、きちんと計算できました。

④実際に作ってみよう!

分包はポリフルグミと乳糖の一包化を体験。

軟膏は2種の歯磨き粉を秤量後、混合し軟膏壺に詰めます。

 

子どもたちは吸収力が高く、上手に作れました。

⑤完成した模擬薬を親御さんに投薬!

照れながらも丁寧に説明できました。

 

****************************************

イエローグリーン薬局かいせい店では、このような地域活動を通して

薬剤師のお仕事を知っていただく活動を行っています。

このような機会を通じ、少しでもくすりやそこに携わる職業への関心をもっていただければ幸いです。

ご興味がありましたら、来年ぜひご参加ください。

お待ちしております!

****************************************

 

イエローグリーン薬局かいせい店

 

 

 

 

 

 

こんにちは、エムハート薬局はんなん店です!

みなさん こんにちは(^_^)/

こちらはエムハート薬局はんなん店です。

 

 

 

 

 

 

 

大阪のほぼ最南端、阪南市鳥取ノ荘に2009年10月にオープンしました。

今年でなんと10周年です!

 

関西空港の近くで空港から車なら約30分、普通電車でも約20分で到着します。

今日ははんなん店の周辺をご紹介いたします。

 

近くには海があり、おしゃれなカフェもあります。

 

 

 

 

 

 

 

土日のみの営業で土曜日に行ったのですが、この日は残念ながら閉まっていました(泣)

 

普段のお昼休みは少し歩いてごはんを食べに行きます。

車を運転できない私にとってはちょうどいい運動になる距離です。

その途中にも見える海。

 

 

 

 

 

 

 

ひまわりが咲いてたりして、午後からの仕事に向けて元気になります。

 

 

 

 

 

 

 

あれっ、左上に蝶?と思ったら

従業員用駐車場裏の田んぼに飛んでくるサギ?かな?

鳥さんでした(笑)

 

「月化粧」でおなじみの青木松風庵さんもすごく近くにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

「月化粧」が有名ですが、私的には「月化粧サブレ」がいちおし!

いままで食べた銘菓の中で5本の指に入るおいしさです。

ぜひご賞味いただきたい逸品です。

 

最後に店内の写真です。

 

 

 

 

 

 

 

処方せんをお預かりしてお渡しするお薬だけでなく

普通のドラッグストアには無い商品などもいろいろ取り揃えております。

お近くの方はぜひぜひお立ち寄りください。

 

関西第一支店 E

 

ことばのくすり⑤~月を待ちながら

お月見のシーズンがやってきました。

秋の月が美しいのは、空気の状態や月の高さの条件が良いからだそうですが、

少し涼しくなって虫の声が響く秋の夜は月を見上げたくなる時間です。

今回は月にまつわる言葉・名言をご紹介します。

 

まずは月の呼び名からひとつご紹介しましょう。

 

『二日月(ふつかづき)                                新月の翌日、眉より細い二日月が夕方のほんの短い時間だけ見られることと思います。今にも消えてしまいそうにたよりない二日月。

でも、やがて少しずつ満ちていくのだと思えば、心にも希望が満ちてきます。』

山下恵子(作詞家)

 

 

これから満ちていく月の第一歩、応援してあげたくなります。

 

『待宵(まつよい)

お月見とお花見は昔の人の最大の楽しみだったようです。みんな、指折り数えて、十五夜を待ったのでしょう。』

山下恵子(作詞家)

旧暦八月十四日の宵のことだそうで、こんな言葉ができるとは、よほどお月見が待ち遠しかったのでしょう。

お天気が良いことを願いながらお団子やすすきを用意して過ごしたのでしょう。

 

 

『太陽も、月も、自分を疑ったとしたらその瞬間に光を失うだろう』

ブレイク(詩人)

自信を持つというのは難しいことです。

だからこそ、それができる人は輝いて見えるのかもしれません。

太陽や月のように人と比べずに己を信じることができれば輝けるのでしょう。

 

 

『月の光で葡萄は熟さない』

(ポルトガル・ブラジルのことわざ)

ぶどうの実は太陽の光を浴びてこそ熟すのであって、夜の月光では熟さない。

方法・手段が間違っていることのたとえです。

日常に使うことわざとしてはおしゃれで、きれいな映像が浮かぶ言葉です。

全ての生き物がふさわしい場所、ふさわしい方法で成長していくのですね。

 

 

『掬水月在手 弄花香満衣(みずをきくすれば つきてにあり はなをろうすれば かえにみつ)』

(禅語)

両手で水をすくうと、そこに空の月が映っている、花を手にすれば、その香りが服に満ちる―。

月も香りも、手にとることができません。けれど、水に映った月影や服に移った香りで、それらを実感することはできます。

何かを手に入れたいのであれば自ら働きかけることが大事、という意味だそうです。

手に入れたいものが月や花の香りというところに禅語らしい美しさがあります。

 

 

『出る月を待つべし。散る花を追うことなかれ。』

中根東里(陽明学者)

過去の暗いできごとは忘れて、これから来る明るい未来に希望を持って前向きに生きることが大切だという意味の言葉です。

なかなか意識的に「忘れる」ことはむずかしいのかもしれませんが、これから昇る月のことを想像すれば、自然と明るい気もちになれるのかもしれません。

 

月のきれいな季節です。

お月見の日に限らず、いろいろな形の月を眺めて秋を楽しんでみてください。

 

ワークステーション静岡 T

災害時に役立つ“即食レシピ”

9月1日は防災の日です。

かつて関東大震災が発生した日であり、

暦の上では二百十日に当たり台風シーズンを迎える時期であることから、

この日に定められたそうです。

日常生活の中で少し多めの食料備蓄を心がけておくと、災害が起こったときだけでなく病気やけがで家から出られない状況になった場合もしばらく買い物はしなくてすみます。

防災意識が高まる中、食料備蓄をしている方は多いと思いますが、いざというときこれを活用することが大切です。

そこで今回は、災害時にも普段食べ慣れている味、好きな味のものを食べられるような「即食レシピ」を取り上げてみたいと思います。

日常の食事作りがちょっと億劫なときのお助けレシピとしても活用してみてください。

 

備蓄食材としては、日常食として使いながら常温で保存のきくもの―レトルト、缶詰、乾物、日持ちする野菜などがおすすめです。

普段使いをしながら、食べたらその分を買い足す「ローリングストック法」で消費すると、賞味期限切れを減らし、災害時でも食べ慣れているものが食べられます。

そして最も重要なのは「水」の備蓄です。

水分は健康維持にとって一番の基本であり、熱中症対策のほかにも脳梗塞や心筋梗塞のリスクを軽減する役目もあります。

飲料用・調理用として1人分1日3リットルを目安にストックしましょう。

注意点としては、硬水はミネラル分が多く飲み薬に悪影響を及ぼすこともあるので軟水を選びましょう。

 

それでは、備蓄食材を活用した即食レシピをご紹介していきたいと思います。

 

《災害発生~3日目までに最適  即食レシピ》

被災直後は食欲も起こらず料理を作る気力もわかないものです。そこで、

○電気・ガス・水道が止まっても作れる

○食材をポリ袋に入れて混ぜるだけ

の即食レシピを活用しましょう。

 

基本の作り方は図のとおりです。

 

レシピ①さばコーンおかか和え

材料は、「サバ水煮缶・スイートコーンドライパック缶・かつお節・めんつゆ少々」。(ドライパックは水切り不要な便利食材)

さばとかつお節に含まれるアミノ酸で疲労回復効果があります。

 

レシピ②オーロラコーン

材料は「大豆のお肉のミートソース缶・スイートコーンドライパック缶・マヨネーズ・ドライパセリ少々」。

常温でOKで、クラッカーやビスケットに合います。

 

 

レシピ③いかと大豆とひじきの煮物風

材料は「いか味付き缶(汁ごと)・大豆ドライパック缶・ひじきドライパック缶」。

いかのタウリンで疲労回復効果があります。

 

 

レシピ④いわしのトマト煮風

材料は「いわし味付き缶(汁ごと)・トマトソース缶・オリーブ油少々」。

いわしのカルシウムはストレス解消効果があります。

レシピ⑤ツナと切り干し大根のマヨ和え

材料は「ツナ缶(汁ごと)・切り干し大根(乾物)・マヨネーズ・おろししょうが(チューブ入りでも)・白ごま・青のり少々」。

ツナの缶汁で切り干し大根が戻せます。切り干しのシャキシャキ感が美味です。

 

☆食後の洗いものを出さない節約法

食材を混ぜ合わせたポリ袋ごと器にかぶせたり、

アルミホイルラップを紙皿にかぶせて使用すれば洗わずに再利用できます。

 

《災害発生4日目~7日目までに最適  省エネレシピ》

水道・ガスの復旧作業は日数を要することを覚悟しなければなりません。

そこで、カセットコンロと鍋、ポリ袋(高密度ポリエチレン製のもの)を使い、必要最小限の水で調理できる省エネレシピをご紹介します。

ご家庭で比較的常備されている野菜を利用した料理、温かい料理もできます。

まずは野菜を使った省エネレシピです。

 

レシピ①ホタテと大根のサラダ

ポリ袋にピーラーで切った大根を入れて水気をしぼり、

缶汁をきったホタテとめんつゆ・マヨネーズ・白いりごまを入れてよく混ぜます。

ホタテのタウリンとビタミンB2が目の疲れや肩こりを予防します。

 

レシピ②ツナと人参のごま和え

人参をピーラーでカットし、ポリ袋にツナを缶汁ごと、めんつゆ・砂糖・黒すりごまも入れてよく混ぜ、2-3時間おいて味をなじませます。

 

 

次に省エネポリ袋調理をご紹介します。

ポリ袋調理の基本

①ポリ袋に材料と調味料などを入れ、味がなじむように混ぜ合わせる

②水の中でポリ袋の中の空気を抜く

③ポリ袋に空気が入らないようにねじり上げ袋の口をかたく結ぶ

④水を張った鍋に皿を入れて、鍋にポリ袋を入れてから火を付ける

⑤ポリ袋の口が鍋の外に出ないように気を付けて蓋をして待つ

⑥ゆで終えたらトングや菜箸ですくいあげ結び目の下をハサミで切る

※この方法でごはんやおかゆを作ることもできます。

興味のある方は調べてみてください。

 

☆ポリ袋調理のポイント

○鍋が汚れないので後片付けが楽で、鍋のお湯も汚れないので使いまわせます

○温かいものが食べられます

○袋ごとに分けられるので、鍋1つで味の違う複数の料理を同時に作ることができます

 

レシピ③カレー餅

材料は「切り餅・レトルトカレー・グリーンピース缶」。

基本の方法に従って進め、沸騰したら中火で5分加熱、蓋をしたまま5分余熱で火を通します。

 

 

 

レシピ④コーンパンケーキ

材料は「ホットケーキミックス50g・スイートコーンドライパック・水50ml」。

基本の方法に従って進め、沸騰したら中火で10分間加熱、蓋をしたまま10分余熱で火を通します。

 

レシピ⑤ピラピラ野菜のみそ汁

材料は「ピーラーで切った大根・人参・水150ml・だしの素小さじ1/2・味噌小さじ1」。

基本の方法で進め、沸騰したら中火で3分加熱します。

(参考文献:今泉マユ子著『もしもごはん』)

 

最近の異常気象や頻発する地震のことを考えると、防災はとても身近なテーマです。

停電と断水が1日続いただけでも、冷蔵庫の中の食材、情報取得の手段、トイレなどは備えが必要だと実感しました。

備蓄食材の活用を通して日頃から意識を育てていくことは大切なのではないかなと思いました。

 

ワークステーション静岡 T