株式会社ミック

STORE BLOG
2019/4の情報発信ブログのブログ

八十八夜と新茶

静岡県はまさに今、新茶シーズンを迎えようとしています。

茶摘の手遊び歌にもある八十八夜とは、立春から数えて八十八日目の日で5月2日頃に当たります。

八十八夜前後に芽吹いた新芽を摘んだお茶は「八十八夜茶」といい、一年の無病息災を願う不老長寿の縁起物。

この頃のお茶の成分が一番栄養豊富でうまみもたっぷりあり、茶葉も柔らかく良質なのです。

お茶の健康効果は昔からいわれており、「茶は養生の仙薬であり、人の寿命を延ばす妙術」と記されています。

お茶の健康機能成分は大きく分けて次の4つです。

・カテキン類:渋味・苦味成分で緑茶に多い。

抗酸化・抗がん作用、血圧・血糖の上昇抑制作用がある。

・アミノ酸類:うま味・甘味・酸味成分で、お茶特有の「テアニン」が50%以上を占める。抗ストレス作用あり。

・カフェイン:覚醒作用があり頭がすっきりする。

・ビタミン類:抗がん作用、老化抑制作用あり。

 

さてここからは、ここ静岡県とお茶の深いつながりについてご紹介したいと思います。

お茶の栽培面積および生産量の約40%を占める日本一の茶どころである静岡県。

その理由はお茶の栽培適地であることはもちろんですが、

世界へお茶を直接輸出するために貿易港化された清水港など、交通条件の良さや茶業関係者の努力によるものです。

上級茶の本山茶や川根茶、深蒸し茶や早出し茶、玉露など、各地で特徴あるお茶がつくられています。

 

静岡県ではお茶をより身近に感じてもらうために、5月の連休にお茶摘体験を開催したり、小学生がお茶の種類当てやいれ方実技を競うT(Tea)‐1グランプリなどのイベントも定着しています。

それでは、静岡市お茶のまちづくり宣言の中の

「家族や友だち、世界中の仲間にお茶の美味しい入れ方を伝えます」

という項目にならって、ひと手間かけて新茶をよりおいしくいれる方法をご紹介します。

 

①お湯のみにお湯を8分目まで入れてお湯を冷まします。

②お茶の葉を急須に入れます。(スプーン大さじ1杯が2人分の目安)

③しばらく置いて、お湯が70℃くらいまで冷めたら急須に注ぎ入れます。

④お湯を入れてから40~60秒ほど待ちます。

⑤お湯のみにお茶を注ぎます。少しずつ均等に注ぎ、最後の一滴まで注ぎきります。

 

最後に、晩年を駿府城で過ごされた家康公とお茶のエピソードをご紹介します。

家康公もお茶がお好きだったようで、標高1200mの冷涼な環境にお茶蔵を設け、献上された本山茶を名器の壺に詰めて保管されたそうです。そして、秋の頃に駿府城に運ばせ、味わい深い風味を楽しんだということです。

大切に育てられたお茶を、一年中大切に楽しまれていた様子がよくわかり、静岡とお茶を愛しておられたのだなあと感じるエピソードです。

 

静岡の歴史と人々の愛情が詰まったお茶(新茶)を機会があればぜひ味わってみてください。

(参考文献:和食文化国民会議 監修『和菓子と日本茶』 参考HP:「お茶のまち静岡市」)

 

ワークステーション静岡 T

 

とある薬局のささやかな楽しみ♡

店内にはさまざまな多肉植物を飾っています。

水やりもほとんどいらず強いので適度な日差しがあれば勝手にすくすく育ちます。

  

もちろん花も咲きます。が、多肉ちゃんはすごいんです!

ポロっと落ちた葉っぱ一枚、間違ってポキッと折っちゃった茎からでも根っこを生やし、小さいベビーの葉っぱを産み出すんです~!

  

一生懸命に命をつなごうとあれやこれやと工夫して

頑張る多肉ちゃんの愛おしさに癒されている日々・・・。

 

患者さんにもスタッフにも癒しでお店を支えてくれている

多肉ちゃんに負けてはいられない!

私も何かしなければ!と思い付いたのが

我が店のアイドル、どらちゃんぬいぐるみの七変化です。

あるもので手作り、季節によって変えてます。

来店される方に次は?と聞かれ調子にのっている毎日です。

 

 

 

アイ薬局五位堂店 Y

ことばのくすり①~“働く”ということ

新年度に入り、新しい生活や新しいチャレンジを始めた方もいらっしゃると思います。

特に新社会人のみなさんや新しい仕事を始めたという方にとっては、希望と不安の詰まった毎日なのではないでしょうか。

そこで今月は「働く」ということをテーマに元気や勇気の出る名言をご紹介していきたいと思います。

 

まずは「働く」ということの意味を考えさせられるこの言葉です。

 

『人は働きながら、その人になってゆく。 人格を形成するといっては大げさだけれど、その人がどんな仕事をして働いてきたかと、その人がどんな人であるのかを、切り離して考えることはできない。』             小関智弘(作家)

好きな仕事に従事している人はもちろん、たとえ思いどおりの仕事に携わることができなくても、どのようにその仕事と関わっていくかが大事なのでしょう。

 

働く上で「他人の役に立っている」と感じることは喜びでありモチベーションにもなりますが、ではどういう仕事が他人の役に立つ仕事なのでしょうか。

 

『人間は、「やりたい」というよりも、「やれるか」ということを考えるべきです。(自分にとって単純で、簡単にできることほど他人の役に立ちます)』

アルボムッレ・スマナサーラ(僧侶)

好きな仕事、やりたい仕事ということにこだわってしまうと視野が狭くなってしまいます。意外なところに「他人の役に立つ」仕事があるのかもしれません。

 

うまくいく仕事のやり方について、たとえばこんな名言があります。

 

『「とにかく、骨惜しみしないものがうまくいく」

骨惜しみしないとは、すなおに、すぐに、すっとやる。』

糸井重里(コピーライター)

 

仕事の基本はなんといっても健康であること、あの有名な発明家もこう言っています。

 

『人間の体は機械と同じ。きちんと動かすためには日ごろの手入れが大切である。少しでも故障したら、必ず修理してメンテナンスを怠らないことだ。』

トーマス・エジソン(発明家)

さいごに「働くこと」に対する見方が変わるあの天才の言葉です。

 

『わたしは、一日100回は、自分に言い聞かせます。わたしの精神的ならびに物理的生活は、他者の労働の上に成り立っているということを。』

アインシュタイン(物理学者)

 

誰もが誰かの労働に支えられて生活しています。

「働くこと」はその輪の中に参加して社会の一員になる、ということなのかもしれません。

そんなふうに考えてみると、働いている全ての人に尊敬や感謝の気持ちが湧いてきますし、その輪の一員であることに少し誇りを持つことができる気がしませんか。

 

ワークステーション静岡 T

 

認知症カフェ「オレンジ茶房」で、お薬のご相談受付中

認知症カフェとは、認知症のご本人とご家族が、地域住民の方や、介護・福祉・医療の専門家と、身近な場所で集い、交流できる場のことです。

 

今回ご紹介する認知症カフェ「オレンジ茶房」は、みよし市文化会館サンアートの一角にあるお茶室で、第4土曜日の午前に開かれています。みなよし地域包括支援センターの保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員がスタッフとして対応していますが、その中に、みよし店の薬剤師の私もスタッフとして仲間入りし、お話をお聞きしたり、お薬や健康の相談などお受けしています。

 

このカフェは、特別なプログラムはなく、いつ来ても、いつ帰ってもいい、出入り自由の、ゆっくりとお話ができる場となっています。参加者は、介護中のご家族、若年性認知症の女性とそのお連れ合い、自分自身が認知症ではないかと心配になった方など、さまざまです。

 

まず、ひととおりお話をした後、お抹茶とお菓子をいただきます。庭園を眺めながらお抹茶をいただいていますと、緊張がほぐれたり、気持ちが落ち着いたりします。

 

そして、お茶碗やお菓子に目を移すと、みなさん、その季節感に気づき、「私のお茶碗、桜よ、ほら!」「おまんじゅうにある焼き印はツクシじゃない?」と声が上がります。2月はお雛様や梅、3月は桜やツクシなどが描かれ、毎月変わる季節を感じる絵柄に、とても盛り上がります。

 

私が心掛けているのは、お話を否定せずにお聞きすることと、笑顔で接することです。

認知症の人が笑顔になり、ご家族も笑顔になるとホッとします。

認知症カフェは、中学校区にひとつ以上を目指して増えています。みなさんも、お近くにある認知症カフェをのぞいてみませんか?

 

名古屋南支店 O

自分の睡眠を知る!

ぐっすり眠れた翌日は心も体も軽くて元気に動き回ることができますが、

日本人の5人に1人が「睡眠で休養が十分にとれていない」と感じているそうです。

今日のテーマは「睡眠」です。

そもそも睡眠の目的は「眠る」ことではなく「前日の疲れを完全に消し去る」ことで、

そのためには疲れを回復させる「質の良い睡眠」が大切です。

起きたときにすっきりとした気分になる睡眠のカギは日中の活動にあります。

体を動かす仕事の運動疲労もデスクワークも、実はどちらも「自律神経の中枢」に負担をかけています。

そして睡眠のリズムや深度のコントロール機能も同じ「自律神経の中枢」が担っています。

疲れきって眠っても深夜に目が覚めてしまうことがありますが、これは日中の活動で疲れきってしまった自律神経が原因なのです。

つまり、質の良い睡眠を得るには、日中の疲れをできる限り抑えること、そして自律神経が休まるような快適な状態と環境を整えることがポイントなのです。

ここで、「質の良い睡眠」の効果をまとめておきます。

○細胞の修復と新しい細胞の生成がしっかりと行われ「疲れにくい」体になり、「美容・アンチエイジング効果」があります

○免疫力が上がり「生活習慣病(糖尿病、高血圧、脳卒中など)予防」や「認知症予防」にもなります

○脳内整理で「記憶力がアップ」します

○食欲やストレスに関するホルモン効果で「ダイエット」「ストレス解消」ができます

 

それでは、質の良い睡眠を得るための具体的な方法を見ていきましょう。

①入眠時間より起床時間を統一する

起きた時間によって眠くなる時間が決まってくるので、決まった時間に起きて体内時計のリズムを整えます。

②朝の光を利用して起きる

目覚ましの音で起きるというのは自律神経に負担がかかり実はストレスになります。カーテンを少し開けておくなどして朝の光で起き、さらに朝の光をたっぷり浴び朝食をとることで体内時計のリズムが整います。

③激しい運動は睡眠を妨げ、軽い運動は睡眠を助ける

ウォーキングやストレッチなどは疲れを和らげる効果があります。疲れすぎは質の良い睡眠にとって良くありません。

④寝る1時間前にリラックスタイムをつくる

交感神経から副交感神経への移行がスムーズになるように過ごしましょう。

スマホやパソコンの光や熱いお風呂などは避けたいところです。

 

⑤眠気が出るまでベッドに入らない

人は場所と行動をセットで記憶するクセがあるので「眠れないときはベッドから出る」のが良いようです。

 

質の良い睡眠について考えてきましたが、睡眠についてもうひとつ大切なことは「自分の睡眠を知る」ということです。個人の体質や睡眠の質によって必要な睡眠時間もかなり違ってくるからです。

そのためには睡眠日誌をつけてみるのがおすすめです。

日中や寝る前の過ごし方の睡眠への影響を分析でき、長い期間(週や月単位)の変化に注目することで気づくこともあります。自分にとっての最適な睡眠時間がわかり、睡眠と体調の変化に早めに気づくようになり、健康管理にも役立ちます。

(参考文献:梶本修身著『スッキリした朝に変わる睡眠の本』)

 

新年度が始まり、生活のリズムが変わったり新しい仕事や勉強にたくさんエネルギーが必要な時期かもしれません。

質の良い睡眠をとって毎日元気にきもちよく暮らしていただきたいなと思います。

 

ワークステーション静岡 T