株式会社ミック

STORE BLOG
2019/2の情報発信ブログのブログ

そろそろ花粉症対策!

2月に入り、だんだんと春が近づいてきました。

店舗も春らしい装飾に変わり、明るい雰囲気になりました。

そして・・・そろそろ花粉症対策を始める方もいるのではないでしょうか。

エムハート薬局では花粉症対策コーナーを設置している店舗も多いです。

今年の春も花粉症対策商品をたくさん入荷して、花粉シーズンに備えています。

手書きポップに力を入れているので、花粉症対策コーナーもかわいいポップで売り場を華やかにする予定です!

冬の一押しPOPです!

 

名古屋中央支店 M

OTC拡充

こんにちは。

スイショー薬局泊店です。

合併して早1年 ようやくミックにも慣れてきました。

 

さて本日は、OTC拡充についてのお話です。

 

まず、「OTC」ってなに?と思う方もいらっしゃると思います。

簡単に説明しますと、

皆さん調子が悪いときは、お医者さんに行きます。

そして診察を受けてその帰り際に、自分の症状の治療をするためのお薬が書かれた、

「処方箋」という、お薬のレシピをもらいます。それを薬局に持参してお薬をもらうわけですが、その処方箋に書かれた薬はほとんどが、処方箋なしでは手に入らない薬ばかりです。

そんな中、薬局・薬店で薬剤師の説明を受けて買えるお薬があります。

その薬を「OTC」といいます。

 

話は戻りますが、

当店は、合併前まであまりOTCに関しては積極的ではありませんでした。

ミックに合併後、会社としてOTCも力を入れているとの事で、当店も導入することになりました。

導入前は、はたして売れるのだろうか?納入など面倒ではないのか?など、

色々な不安がありました。

 

しかし、OTC推進課の方が親切に指導してくださり、特に問題もなく導入・運営できました。

 

導入後、患者様がOTCを選んでくださり購入頂いた時は非常にうれしい瞬間になりました。

調剤の待ち時間もOTCを見て選んでいただくことで、待つストレスも少し軽減されているように思います。

 

今までOTC導入に二の足を踏んでおりましたが、会社としての後押しもあり、

結果として、良い方向になりました。

これから、どんどんOTCも成長させていきたいです。

 

新しい挑戦の機会があり、フォローもきちんとしていただけたミックに感謝です。

 

名古屋西支店

坊主店長

かいせい店初外部健康フェア「セルフチェック無料体験会」のご報告

日時:2018年12月9日(日)10時~12時

場所:マロニエ健康センター 203号室

参加人数:大人23名、子ども5名

参加スタッフ:薬剤師5名、事務3名、採用課大石さん

 

【当日の様子】

①来場者特典!先着20名には薬局オリジナルのエコバックプレゼント

②各ブースでセルフチェック(肺、血管年齢、血圧、立ち上がる力、お薬相談)

 肺年齢測定  血管年齢測定

お薬相談

血圧測定 立ち上がる力測定

③測定が終わったらお茶しながらアンケート記入

④師走のイベントでしたが、多くの方々のサポートのおかげで無事に実施することができました。ありがとうございました。

イエローグリーン薬局かいせい店一同

 

冬の上手な入浴法

寒い冬には熱めのお風呂にゆっくり浸かるのが至福の時間だという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、冬の入浴は気をつけなければいけないことがいくつかあります。

たとえばよく話題になる「ヒートショック」。

これは、暖房のない脱衣場の寒さや42℃を超える熱いお湯への入浴などによる急激な温度差が体への刺激となって血圧が急上昇し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすことをいいます。

それではヒートショックの予防法と、様々な冬の症状に合った入浴法を見ていきましょう。

 

○ヒートショックの予防法

・脱衣場は温めて、浴室は蒸気を立たせておく

・かけ湯をしてから40℃くらいのお湯につかる

・お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲む(入浴で水分とミネラルが失われるため)

・酔っているときは入らない(アルコールは血圧を下げすぎてしまうため)

・入る前に、家族の誰かに声をかけておく

 

次に冬に多い症状「疲労」「冷え」「皮膚の乾燥」に効果的な入浴法をご紹介します。

○疲労回復

40℃までのぬるいお湯に10~15分浸かります。

入浴は体を動かすことによる疲労と精神的な疲労のどちらに対しても効果があります。

お湯に浸かることで緊張状態がとけ、副交感神経が優位になり、疲労回復が促進されます。

 

○冷え症

ぬるめのお湯(40~41℃)に10分間浸かります。

熱いお湯ではあがったあとにかえって体温が急速に下がってしまい逆効果です。

また、安眠につなげるためには、就寝の1~2時間前に入浴するのがベストです。

(手足から熱が放出されて体温が下がり安眠できるタイミングが訪れます)

○皮膚の乾燥

42℃を超える湯は肌の乾燥を強めるので40℃くらいの湯に浸かり、15分以上の長湯はしないようにします。

湯あがり後のスキンケアは10分以内に行うと効果的です。

 

 

毎日お風呂に入る(湯船に浸かる)と「幸福度」が上がるという調査結果もあります。

お風呂に入って感じる「気持ちがよい」という感覚は、他では味わえないものです。

主観的健康感(自覚する健康状態)も上がるという結果にもうなずけます。

まだまだ寒い日が続きますが、上手な入浴法でより気持ちよく、元気な冬をお過ごしください。

(参考文献:早坂信哉著『最高の入浴法』)

 

ワークステーション静岡 T

 

初詣に遠州三山の油山寺へ

今回は前回までのノロウイルス対策の話題から離れて初詣のお話です。

 

さて、新年を迎え、私は先日、県内の油山寺(ゆさんじ)というお寺へ初詣に行ってきました。最後にご紹介も兼ねて、少しお話しさせていただきます。

 

油山寺は、袋井市にある遠州三山(法多山、可睡斎、油山寺の3つの寺院のこと)の1つで、昔、この山から油が湧き出たため、「あぶらやま」と呼ばれたことが名前の由来だそうです。

 

眼を守護する仏様がまつられるお寺として有名ですが、これは、第46代天皇が眼病をわずらった際、境内を流れる「るりの滝」で祈祷し、この霊水で眼を洗ったところ、病気が全快したことからと言われています。

    

また、こちらの三重塔は、源頼朝公の眼病治癒のお礼として建てられました。屋根の反りや複雑な組み方から「安土桃山期の三名塔」の1つとされ、国の重要文化財に指定されています。

    

緑に囲まれた山内に癒されながらお参りすることができました。また新たな気持ちで今年も向かっていこうと感じました。

 

(参照HP:目の霊山 油山寺)

 

静岡中央支店 I