株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

ノロウイルス感染に注意②

今回は前回に続き、嘔吐物処理の方法を具体的にご紹介します。

 

【処理】速やかな処理で乾燥させないように注意します。

①部屋の換気を行い、処理する方以外は汚物に近づけないようにします。

 

②汚物中のウイルスが飛び散らないように、嘔吐物をペーパータオル等(市販の凝固剤を使用することも可)で静かに拭き取ります。

③次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約200ppm)で浸すように床を拭き取ります。嘔吐物は半径2m、高さ1.6m程の広範囲に飛び散るため、広めに処理します。床は外から内に、壁は上から下に向かって処理します。その後、水拭きをします。

 

④使用したペーパータオル等は一次回収袋に密閉します。その際、廃棄物が充分に浸る量の次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度約1,000ppm)を入れることが望ましいです。一次回収袋は、二次回収袋に入れます。

 

⑤靴カバーを外し、次いで、手袋、ガウン、マスクの順に、表面を触らないように外し、二次回収袋に入れ、しっかりと口をしばってゴミとして処分します。

⑥手洗いを2度行い、うがいをします。手のしわに入り込んだウイルスまで取り除くために、入念な手洗いを2度行い、ウイルスを物理的に除去します。

※ご家庭では、カーペット、じゅうたん、たたみ、フローリング等、「塩素系漂白剤」で脱色又は変色することがありますので、ご注意ください。

 

処理される方は、感染しないよう、万全の準備をして行うようにしてください。

(参考HP:ノロウイルスに関するQ&A|厚生労働省、家庭の感染と予防|SARAYA)

 

次回は話題を変えまして、初詣のお話をしたいと思います。

 

静岡中央支店 I