株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

七草粥と七草爪

新しい年となりました。

今年も株式会社ミックとエムハート薬局をどうぞよろしくお願いいたします。

みなさん、お正月はゆっくり過ごされたでしょうか。

今日1月7日は無病息災を願い七草粥をいただく人日の節句です。

人日の節句は中国から伝来した五節句のひとつですが、

もともと日本にあった「若菜摘み」という風習と融合してこの七草粥の習慣が生まれたということです。

「若菜摘み」とは、雪や枯れ草の間から芽を出す若芽を摘んで歩くという、なんとも美しい光景を想像させる行事です。有名な百人一首の句、

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 我が衣手に雪は降りつつ」(光孝天皇)

も、歌の作者が大切な人の長寿を願って春の野草を贈った時に添えた歌だそうです。

〈春の七草〉

七草粥に入れる春の七草は、現代では栽培されたものを買わなければ七つすべてを手に入れることはできません。なぜなら明治時代にそれまで使っていた暦を変えたため時期が早すぎてまだ芽を出さない草もあるからです。

ただ、七草が揃わなくても「若菜摘み」に意識をあわせて、その時期に生えている食べられる芽で準備すればよいのだそうです。

1月15日の小正月にいただく小豆粥もそうですが、ごちそう続きの胃を休め、デトックス効果もあるこのお粥をいただく風習は、現代人の身体にとっても良いものだと思います。

また「七草爪」という、七草粥に使う草をひたした水に爪をつけてやわらかくし、今年初めて爪切りをする行事もあるそうです。これも無病息災の力があります。

(参考文献:広田千悦子著『福を呼び込む和のならわし』)

 

新しい年に新しいきもちで仕事や勉強に向かう、

そんなきっかけや切替えに、こういった風習を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ワークステーション静岡 T