株式会社ミック

STORE BLOG
2018/12の情報発信ブログのブログ

一陽来復ー冬至のはなし

毎年この時期になると伊豆の動物公園でゆず湯につかるカピバラの様子がテレビで伝えられます。

いつもこの映像を見て「冬至だった!」と思い出すのですが、

なぜ冬至にゆず湯、かぼちゃなのか・・・今回は見てゆきたいと思います。

 

今年の冬至は10月22日―冬至は太陽と地球の位置関係により決まるので年によって異なります。

冬至とは、太陽の高さがもっとも低くなり、昼は短く夜が一番長い日のことで、

ここから少しずつまた昼の時間が長くなり始めることから、

世界中で「太陽の誕生日」「再生の日」と捉えられてきました。

太陽の力がふたたび甦る、冬至を境に運も向いてくるとして「一陽来復」という言葉が生まれたといわれています。

「一陽来復」―①冬が去って春が来ること  ②しばらく不運が続いたあとによい運が向いてくること

という意味でよく使われる言葉ですが、冬至が由来だったのですね。

   

冬至には「ん」がつくものを食べると運気が上がる「運盛り」という風習があり、

なんきん(かぼちゃ)、にんじん、れんこん・・・などが昔から食されてきました。

(土用の丑の日に「う」がつくものを食べて夏を乗りきる風習に似ています)

なかでも「かぼちゃ」は野菜でもトップレベルの栄養価を誇り、ビタミンE、β-カロテンなどが豊富です。「風邪知らず」といわれるようにこの時期にぴったりの食材です。

また「小豆」はその赤色が邪気を払ってくれるということから、冬至粥(小豆粥)やいとこ煮(かぼちゃと一緒に煮たもの)として食されるということです。

ゆず湯の効果は

・ゆずの強い香りが新しい運を呼びこむ前の厄払いとなる

・実るまでに長い年月がかかるので長年の苦労が実りますようにという願い

・血行が良くなり身体が温まる

などと伝えられています。

ゆず湯には、ゆずを丸ごと入れる、もしくは輪切りや半分にカットして洗濯ネットなどに入れるのが良いそうです。

(肌が弱い方はピリピリすることがありますのでご注意ください)

 

クリスマス前でなかなか注目されず忘れられがちな風習ですが、日本らしくて身体にもやさしい行事です。

今年の冬至は、カピバラたちのようにゆったりとお湯につかってゆずの香りに包まれてみませんか。

 

ワークステーション静岡 T

 

 

 

冬お勧めの商品

季節も冬になり急に寒くなってきました。

そんなこれからの時期にお勧めのOTCがこちらのホットンです。

種類もいくつかあり、首・肩・腰・膝を温めてくれます。

腰・肩は服などに貼って使うタイプなのですが、

首・膝の商品は専用のホルダーに入れて使います。

 

じんわりと患部を温めてくれて凝りや痛みを和らげてくれます。

これからの季節、お1ついかがでしょうか?

 

最後に先日行ってきた趣味の旅行の事を少々

 

9月も終わりになる頃、東京から車で約2時間ほどの茨城の漁港に行ってきました。

大洗の北に位置する那珂湊の市場なのですが、毎年夏には訪れるお気に入りの場所です。

ここは県外からもかなりの人が訪れる場所で今回は観光バスも止まっていました。

ここの市場では新鮮な岩ガキなどをその場で食べることができ、とてもおいしくいただきました。

 

お昼にはイサキの定食や海鮮丼を食べ大満足な一日となりました。

  

 

静岡東支店 S

 

「笑いは人の薬」

2018年も残すところ1ヵ月をきりました。

年末年始になると、テレビではお笑い芸人さんたちが大活躍します。

1年を笑ってしめくくり、笑って迎えよう、ということなのでしょう。

「笑う人」も「笑わせる人」も心が満たされて幸せな気持ちになる―

そんな「笑い」の効果について見てゆきたいと思います。

「笑いは人の薬」(適当に笑うことは健康のために良い)ということわざがあります。

医療の現場にも笑いは必要だということが言われるようになってきました。

「笑う」ことで免疫力が上がり病から回復してしまった事例や

脳が活性化されてお年寄りが生きる意欲を取り戻した事例など、

「笑い」のもたらす自然治癒力が医学的にも証明されてきたからです。

 

それでは、どんな「笑い」が身体にいいのでしょうか。

笑いには自虐的なもの、人をあざわらうような「冷たい笑い」と、

心から笑える、楽しい気もちになる「温かい笑い」があります。

もちろん身体にいいのは「温かい笑い」です。

感動や感謝から自然に生まれた、心が満たされるような「笑い」なら最高です。

といってもなかなか日々の雑事に追われたりストレスにさらされていたりすると、自然な笑顔が出なくなってしまうと思います。そこでみなさんの素敵な笑顔を取り戻すヒントを集めてみました。

 

○五感をフルに使って生活の中の「感動の芽」に気づく

(季節や天気の変化、植物の成長、旬の味覚など)

○見たら笑顔になれるものを生活の中に散りばめる

         

○自分をほめる(立派なことでなくてもOKです)

○人をほめる(相手に対する尊敬のきもちがあり心からのものであることが重要です)

→相手の笑顔に自分の方も楽しい気もちになってきます

(参考文献:高柳和江著『笑医力』)

 

とても簡単なのに難しく、お金はかからないのにプライスレス―笑顔は奥が深いのです。

 

みなさまが「いい笑顔」とともに1年をしめくくれますように。

 

ワークステーション静岡 T