株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

インディアンの「メディスン」~自己治癒力を高める

「メディスン」という言葉は「医薬」という意味のほかに

「まじない・魔よけ」という意味があるそうです。

現代人は処方薬が入ったピルケースを持ち歩いたりしますが、

アメリカ・インディアンの持ち歩く「メディスン・バッグ」や「メディスン・バンドル」の中身は人それぞれで、ユニークなものが入っているようです。

  ↑メディスン・バッグとメディスン・バンドル(皮革でくるんだメディスンの束)

 

アメリカ・インディアンの「メディスン」とは、その人の心身の健全さを回復させ、パワーを与えてくれる独自の品々のことで、例えば

・川原できらりと光っていた石

・鮮烈な香りの薬草

・鷲の羽

・氏族のお守りのシンボルマーク

などです。

アメリカ・インディアンは「人は母なる大地の子供で、自然の調和と均衡の一部」と考えていて、調和と均衡を失った時(体に変化を感じたり、心が弱気になった時)に「メディスン」を取り出して祈ったり瞑想のともにしたりするそうです。

このようにして大切にしているものをよりどころにして、自己治癒力を高め心身の健康を保つ知恵は、現代の私たちの生活の中でも引き継がれているような気がします。

例えば

・ほっとひと息つかせてくれる香りの良いハーブティー

・元気一杯だった小さい頃の自分の写真

・気分を晴らしてくれるお気に入りの曲

・読み返すたびに心をあたためてくれる手紙

などです。

みなさんにも思い浮かぶものが何かあるのではないでしょうか。

(参考文献:エリコ・ロウ著『パウワウ アメリカ・インディアンの今日を無駄にしない教え』)

 

先日ノーベル医学・生理学賞を受賞された本庶佑教授のがん免疫療法の研究でも「自己治癒力を高める」ことがポイントとされていました。

みなさんも自分だけの「メディスン」を見つけて自己治癒力を高め、心身ともに健康で豊かな生活を送っていただければと思います。

 

ワークステーション静岡 T