株式会社ミック

STORE BLOG
2018/9の情報発信ブログのブログ

身土不二~秋の食材を味わう①

秋の森ではリスたちが大好物の木の実を頬袋に入れてせっせと運び

冬に備える姿が見られます。

実りを迎えた秋の食材は旬の味の良さも魅力ですが、

冬に備えた体を作るための栄養も豊富です。

私たちもリスたちのように食べることを楽しみつつ

冬に備えて栄養を蓄えておきましょう。

暮らしている土地で季節にとれたものを食べることが健康につながる―

「身土不二(しんどふじ)」という言葉があります。

秋の食材は寒さに負けない身体づくりに役立つ栄養が豊富です。

代表的なものを見ていきましょう。

 

○果物

カキはレモンよりもビタミンCが多く、風邪予防に効果的です。

ナシは水分と食物繊維が豊富で、夏バテの体を整えてくれます。

リンゴは食物繊維が多く、胃腸にやさしい果物です。

 

次回は旬の「きのこ」「魚」の栄養を見ていきます。

 

ワークステーション静岡 T

 

「食欲はソースを必要とせず」~食欲の秋到来

イギリスのことわざに「食欲はソースを必要とせず」というものがあります。

空腹だと食欲が増して料理がおいしいから余計な味付けは不要、という意味なのですが、

日本の秋にぴったりのことわざです。

 

芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・いろいろありますが、

やはりいちばんは「食欲の秋」という方も多いはず。

日本の秋は、栗やさつまいも、梨、ぶどう、お米など多くの食材が旬を迎えるため、

何を食べても栄養価が高くておいしいということが、

「食欲の秋」といわれるゆえんです。

 

それと同時に、秋になると私たちの「食欲」の方も旺盛になっていて、

「お腹がすいた」と感じることが多くありませんか?

 

これは夏と比べて、

・気温の低下により体温保持のために代謝が上がり、エネルギー消費が増える

・涼しくなり夏バテが解消され、本来の食欲が回復する

からだそうです。

また体が「夏バテで弱った体を回復させよう」「冬に備えて栄養を蓄えよう」とするからでもあるといわれています。

 

せっかくの秋の味覚を目の前にしても、食べすぎを心配してしまう方、

食事のはじめに水や汁物を摂ることやよくかんで味わうことで満腹感が得られるそうです。

 

今年の厳しい夏を乗りきった体へのごほうびとして、

ぜひ秋の味覚を堪能してください。

ワークステーション静岡 T

 

 

 

たまには・・・

先日はダイエットのお助けになるような記事をアップしました。

でもたまにはお菓子も食べたくなりませんか?

・・・なりますよね?だから痩せないのかもしれませんが・・・

 

ということで、こちらも調剤薬局で販売しているOTCを使って作成してみました!

その商品はこちら~

おいしく健康応援ココアです。

 

普通のココアよりも糖分・カロリーともにおさえられており、普通に飲んでもビターな大人味のココアで大変おいしいです!

 

そしてせっかくお菓子を作るので、今はやりの「インスタ映え」を意識して・・・

抱っこクマクッキーココア味です!

一時話題になったため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

ポリポリとした食感とナッツの香ばしさでついつい手が伸びてしまいますが、

1日3匹までと決めて大事に食べることにしました。

レシピはこちらのまま作成しています。

http://www.neol.jp/blog/maa/22921/

しかもバター不使用、家にあるもので作れるので、思っているより手軽なんです。

プチギフトにしても喜ばれるお菓子です。

皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

 

京滋支店  O

お月見で収穫と健康を願う

旧暦8月15日の1年でもっとも明るく美しい月を中秋の名月といいますが、

昔からこの日にはお供え物を用意してお月見する習慣があり、

今年は9月24日がその日に当たります。

お供え物の「ススキ」は稲穂の代わりであり、

収穫の近づいた稲の豊作を願う意味があるそうです。

ススキには子孫や作物の繁栄を見守ってくれる月の神様が降りてくるともいわれています。

お供え物の「月見団子」は、月と同じように丸く、

月は欠けても満ちることから、それを食べることで健康と幸せが得られるといわれます。

関東のものは丸い餅の中に餡が入っていますが、

関西のものは少し細長い餅に餡を巻いた形で、

お供え物の里芋をイメージしたものだそうです。

また地方によっては日本版ハロウィンともいえる「お月見泥棒」という風習が残っています。

子どもたちが他人の家の月見団子を取ってもよいことになっていて、

月からの使者である子どもたちにたくさんお団子を取られた家は豊作になり縁起が良いといわれていました。

現在ではお団子よりお菓子を置いておくのが一般的なようです。

今年は例年にない暑さと水害で、秋の収穫への影響が心配ですが、

美しいお月さまの力を借りて少しでも多くの実りが得られるようお願いしたいものです。

 

みなさんも今年の名月には、お月見団子を用意して月を眺めながら、

秋の実りと健康を願ってみてはいかがでしょう。

 

ワークステーション静岡 T

 

いつか叶う・・・??

私は毎年この季節になると願うことがあります・・・

私にとっての永遠の課題・・・

それは・・・・・・

 

来年の夏こそはビキニを着たい!

(つまり今年も着れていない!)

 

え?勝手に着ればええやんって?

 

・・・・・・着れるようなお腹であればよかったのですが・・・

 

「食べたい・・・痩せたい・・・食べたい・・・痩せたい・・・」

わがままかもしれませんが、我慢してダイエットするのは苦しいですよね。

 

というわけで、調剤薬局である当店で、販売しているOTC食品を使ったダイエットレシピを考案してみました!

その商品は・・・

そう!100キロカロリーレトルトマイサイズ!

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

(「マツコの知らない世界」でも取り上げられたことがあります)

これなら簡単に食事のカロリーを減らせちゃうんです。

今回はそのままではなく、アレンジレシピをご紹介します。

 

とろ~り卵のハヤシオムライス

〈材料(2人前)〉

*オムライス*

ご飯 250g(2膳分程度)

鶏肉 80g(もも肉であれば1/3程度)

玉ねぎ 1/4個

人参 1/4個

ピーマン 1個

卵 4個

牛乳 大さじ2

トマトケチャップ 大さじ4

塩コショウ 少々

バター 大さじ1/2

パセリ あしらい用

マイサイズ ハヤシ 1箱

〈手順〉

①オムライスの具材を切る。

それぞれ1.5cm角程度の大きさにそろえておく。

②熱したフライパンにバターを加え、鶏肉(色が変わるまで)→玉ねぎ(透き通るまで)→人参・ピーマンの順に炒め、塩コショウで下味をつける。

③ご飯とケチャップを加え、全体になじむまで炒める。

~チキンライスの完成~

④卵・牛乳に塩コショウを少々加えよく混ぜる。(白身が残らないように!)

⑤フライパンにサラダ油を加え加熱したら、卵を半分入れてよく混ぜながら形を整える。

⑥チキンライスの上にかぶせ、マイサイズハヤシを半分かける。

完成するとこんな感じ!

是非皆さんも試してくださいね~!

 

京滋支店 O