株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

お月見で収穫と健康を願う

旧暦8月15日の1年でもっとも明るく美しい月を中秋の名月といいますが、

昔からこの日にはお供え物を用意してお月見する習慣があり、

今年は9月24日がその日に当たります。

お供え物の「ススキ」は稲穂の代わりであり、

収穫の近づいた稲の豊作を願う意味があるそうです。

ススキには子孫や作物の繁栄を見守ってくれる月の神様が降りてくるともいわれています。

お供え物の「月見団子」は、月と同じように丸く、

月は欠けても満ちることから、それを食べることで健康と幸せが得られるといわれます。

関東のものは丸い餅の中に餡が入っていますが、

関西のものは少し細長い餅に餡を巻いた形で、

お供え物の里芋をイメージしたものだそうです。

また地方によっては日本版ハロウィンともいえる「お月見泥棒」という風習が残っています。

子どもたちが他人の家の月見団子を取ってもよいことになっていて、

月からの使者である子どもたちにたくさんお団子を取られた家は豊作になり縁起が良いといわれていました。

現在ではお団子よりお菓子を置いておくのが一般的なようです。

今年は例年にない暑さと水害で、秋の収穫への影響が心配ですが、

美しいお月さまの力を借りて少しでも多くの実りが得られるようお願いしたいものです。

 

みなさんも今年の名月には、お月見団子を用意して月を眺めながら、

秋の実りと健康を願ってみてはいかがでしょう。

 

ワークステーション静岡 T