株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

虫の声を聞くのは日本人だけ?!

蝉時雨から虫時雨へ移り変わる季節となってきました。

耳をすませると蝉の声も虫の声も聞こえてきて、とてもにぎやかです。

    

実は虫の声を聞いて季節を感じるのは日本人だけだと知っていましたか。

日本人は虫の声を心地よいサウンドとして感じていてBGMとして使ったりすることもありますが、

外国人は雑音としてとらえているので「虫の声」に気づいていないのだそうです。

 

これには「日本語を使う人の脳」と「他言語を使う人の脳」の音の処理方法が関わっているそうです。

    

日本語は「母音」で言葉を形成する部分が多く、虫の声や動物の声に近いといわれています。それで言語脳である左脳で虫の声を聞いています。

(日本語と同じパターンを持つ言語はポリネシア語のみだそうです)

 

これに対して、他言語は「子音」が重要であり、「母音」は音楽脳である右脳で聞くので、虫の声を意味のある音としてとらえていないのです。

 

この「左脳で聞く」という日本語の脳が、虫の声だけでなく波や風、雨、小川のせせらぎなどの自然音も意味のある音としてとらえるので、

日本語における、特に俳句や和歌などの音の情景描写が豊かなのだと考えられます。

また日本語は擬態語や擬声語も多様で、たとえばマンガなどの効果音を見てもそれがよくわかります。

(参考文献:角田忠信著『日本語人の脳』)

 

日本人の感受性と脳の仕組みにこのような深い関係があることには驚きです。

 

静かな秋の夜に涼やかな虫の声に耳を傾けつつ秋を味わうという、

当たり前で少し特別な楽しみを大切にしていきたいものです。

 

ワークステーション静岡 T