株式会社ミック

STORE BLOG
2018/3の情報発信ブログのブログ

ダンデライオン

いよいよ春が近づいてきて、道端にはタンポポやツクシが顔を出し始めました。

葉のギザギザがライオンの葉に似ているということで、タンポポは英語で「ダンデライオン」と呼ぶそうです。

勇ましい響きです。

日本では雑草のイメージですが、欧米では「自然の薬局」といわれるほど有用なハーブで、ビタミン、鉄分、カリウムが豊富なのだそうです。

日本でも根が生薬として用いられてきた歴史があるとは知りませんでした。

自然食レストランなどにある「タンポポコーヒー」はダンデライオンの根を軽くローストして淹れたノンカフェインのヘルシーコーヒーだということです。

 

ハーブの事典をぱらぱらめくっていると道端の雑草がたくさん載っていて驚きます。

香りも楽しめて人の体に必要な栄養素も補ってくれる「植物の力」は偉大です。

 

ワークステーション静岡 T

 

春は花見と・・・花粉症!

つい最近年を越したかと思ったら、もう3月も終わりに差し掛かっています。

三寒四温とは言いますが、まさにその通り暖かかったり、コート持参しないと寒かったり、体調管理が重要な季節になっていますね。

あっという間に桜の季節です。私が勤めている栃木の宇都宮の今年の開花日は3月26日となっています。

ちなみに、桜の開花とは標本木のつぼみのうち、5~6輪の花が咲いた状態をいいます。満開は、全体の花芽の80%以上の花が咲いた状態をいいます。

ゆっくり花見でもして気分転換するのも良いですね。

さて、この季節桜の開花で気分はルンルンの人もいますが、

花粉症!!

 

毎年お悩みの方も多いでしょう。

かく言う私も花粉症と大親友です。

 

エムハート薬局では各店趣向を凝らして花粉症対策コーナーを設置しております。

その中でも是非オススメしたい商品があります。

舌が甘いと書いて甜茶(テンチャ)

 

花粉症のひどい方には別途抗アレルギー薬のOTC医薬品をオススメしますが、薬には頼りたくない方、手軽に何か対策したい方にオススメです。

食品ですので、効果のエビデンス(根拠)こそないですが、毎日飲んでも問題ない点はいいですよね。

砂糖入りの紅茶?と言ったほうがいいくらい甘みもあって美味しいです。

甘いのですが、カロリーはほとんどありません。

ダイエット対策に飲んでいただいても良いかもしれません。

 

我々は町のかかりつけ薬剤師、かかりつけ薬局として、薬だけでなく患者さんのちょっとした悩みも相談できるよういろんな情報を日々仕入れております。

 

是非一度、相談してみてください。お待ちしております!

 

宇都宮支店 F

 

 

授産品をご紹介します③

授産品ご紹介シリーズの最後は静岡市葵区にある『とも』様です。こちらは県の運営する建物の一階にあって県内各地の施設の製品を販売しています。静岡事務所で社員の親睦会を行った時に皆で食べました。とてもおいしかったと言っていました。

こちらは夏季限定商品のようですが、とても良くできています。きれいですね。

CSR推進室では今後も形を変えて、ささやかではありますが社会貢献事業を実施していきたいと考えています。

 

CSR推進室 砂富欽

授産品をご紹介します②

前回ブログの問題の正解です。

雨の日にビニール傘を傘立に入れると同じような傘がたくさんあってどれが自分の傘か迷った経験のある方がいらっしゃるのではないでしょうか。これをつけておけばすぐにわかります。アイデア商品です。筆者はフォレストリバー様で実際に製作しているところを見学させていただきましたが、みなさん一生懸命編み棒を動かしていました。

 

次は京都市の『はあとふれんずずとあ』様の製品です。前回ブログでご説明したA型・B型事業所の多くは、製造しているのですが、製品を販売する場所を持っていません。そこで、複数の施設が共同で店舗を借りて、そこに製品を持ち寄って販売するショップが各地にあります。『はあとふれんずすとあ』様もそうしたショップの一店です。河原町通りから新京極通に入ってすぐのところにあります。静岡県民の筆者はお店のスタッフの女性の京都弁に心が和みました。

 

これは洗面所などに置く石鹸入れです。目、口のところから水分が落ちるようになっています。子供が喜びそうですね。「うさぎさんがきれいに洗おうねって言ってるよ。」

もう一点

これはカードスタンドです。煙突の向こうにカードを立てるスリットがあります。

こんなふうに使います。

次回は最終回です、お楽しみに。

 

CSR推進室 砂富欽

 

授産品をご紹介します①

全国各地に障害のある方が通所して様々な製品を製作している施設があります。『就労継続支援A型事業所』と『就労継続支援B型事業所』と呼んでいます。どのような違いがあるかというと、A型は通所されている方を労働者と見なし、雇用契約を結びます。従って労働基準法が適用されるなど、工場や事務所で働くかたと同じ働き方をします。これに対し、B型事業所は労働者とは見なさず、社会参加をめざして、訓練のために製品の製作をしています。

 

こういった施設で作った製品を販売して得る売上金は、施設の収入となり、その一部は通所者のかたの給与にもなっています。ですから、自分たちが作った製品が売れることは製作しているかたにとっては大きな喜びなのです。都道府県、市町の福祉課では、市民に少しでも製品を購入していただくよう、機会あるごとに製品のPRをしています。

 

CSR推進室では、こういった製品を購入することで、微力ではありますが、施設の売り上げに貢献できればと願い、各地の施設で作られた製品を購入しています。

今回は購入した製品の一部をご紹介します。

これは大阪府吹田市の施設『フォレストリバー』様が製造販売しているものです。かえるとスマイルは洗剤を付けて食器を洗う毛糸織です。さて突然ですが、ここで問題です。下のピンクと白の縞模様のへびのように見えるものはどのようにして使うのでしょうか。お考え下さい。

正解は次回ブログで発表します。

 

CSR推進室 砂富欽