株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

富士山の写真

富士山は地元の人にはもちろん、日本中の人から愛される存在です。

たとえば関東の人は、天気の良い日に遠くに見える美しい姿を見つけては嬉しい気持ちになるのです。

 

東京都内に残るいくつもの富士塚(10m前後の富士山を模した人工の塚)は、江戸の人々が富士山に行けなくても登れるようにという想いで作られたものだそうです。

 

静岡に住むようになって、東田子の浦の駅で見た富士山の、町を包み込むような姿が忘れられません。

『田子の浦に うち出でてみれば』の句がしみじみと胸に迫りました。

また静岡のこどもたちが富士山の絵を描くと右肩に宝永山のでっぱりを付けることに驚いた覚えがあります。

 

こんなふうに同じ富士山でも眺める場所によって、また眺める人によって、それぞれの富士山があるのだなあと思います。

いろいろな角度から光を当ててみること、それぞれの感じ方を尊重すること、その大切さを富士山に教えられた気がします。

 

ワークステーション静岡 T