株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

読書の秋によせてⅠ~ひとめぼれもわるくない

秋は読書の季節です。

本屋さんに足を運んでみてください。

書棚の間を歩いていて、直感で「これいいな」と惹かれる本があるのではないでしょうか。

内容やジャンルで選ぶのは王道ですが、

「ひとめぼれ」もわるくないですよ。

 

少しだけ私の「ひとめぼれ」本をご紹介したいと思います。

よしもとばなな作『ハゴロモ』

まさに本がハゴロモのようなカバーをまとっています。

すりガラスのような透け感と落ち着いたブラウンに惹かれました。

 

百年文庫より 18巻『森』

森をテーマにした短編集。

「森」の字のデザインが絶妙で、

カバーを外すと温もりのある版画が姿を現します。

 

 堀江敏幸作『熊の敷石』

2匹のぬいぐるみの行動(状況)に想像が膨らんで

気になって仕方がありませんでした。

 

大森由紀子作『ママンの味、マミーのおやつ』

高橋郁代作『ル・ベスベ花物語』

あまり自伝的なものは買わないのですが、これはジャケ買いしてしまいました。

本体の美しい色と、それを覆う帯写真のコラボレーションが見事です。

(ピンクはお菓子研究家、グリーンはフラワーコーディネーターの自伝です)

 

『ブックデザイン』誠文堂新光社

あれもこれも買えないけれど手元に置きたい、という願いをかなえてくれた装丁集。

 

「ひとめぼれ」した本には、たとえ内容(ジャンル)に馴染みがないような気がしても、

きっと手にした人の何かが反応した魅力があるはずです。

1年に1冊くらい「ひとめぼれ」した本を買ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

静岡事務所 T