株式会社ミック

STORE BLOG
情報発信ブログのブログ

空の写真

静岡事務所の入っているビルを見上げた1枚の写真

―ビルの間に切り取られた空を見ていたら、ある絵本のお話を思い出しました。

 

絵描きのサルくんの仕事は「空をつくる」こと。

街の動物たちの「もっと」たくさん、「もっと」大きく、という願いを反映して、

街はどんどん高くのびていって、とうとう空が見えない、光の届かない場所になってしまったのです。

そこで、「家の壁に空を描いて」というみんなの注文がくるようになり、

「空をつくる」仕事を始めたサルくんでしたが・・・。

 

←『空をつくる』(村尾亘さく)の一場面を描いてみました

 

みんなを喜ばせるために絵を描いているつもりが、

『空をつくるなんてこと、してよかったのかな』―サルくんは疑問を持ち始めるのです。

 

このビルの写真の中の空は、狭いながらも表情があって、

写っていない部分に向かってのびのびと広がっているんだろうな、と想像もでき、

実際そうであることを知っています。

空がなくなる、なんてこと想像もできません。

 

この写真と絵本のおかげで、

何気なくそこにあるものの存在の大切さを考えさせられました。

また、「人に喜んでもらうこと」だけを盲目的に追求することは、

何かを見落としていることがあるのかもしれない、と教えられた気がします。

 

「空」を見上げることは、限りないインスピレーションをくれます。

迷ったら「空」にきいてみるのもいいかもしれません。

 

静岡事務所  T